駆け抜ける、日々

金魚が餌を食べない原因は?病気の可能性も?


この記事は2分で読めます

金魚が餌を食べない原因は?病気の可能性も?

家で育てている金魚が
餌を食べなくなってしまった!
 
これまでこんなことはなかったのに・・・
 
というとき、とても心配になりますよね。
 
犬や猫と違って、調子の良い悪いが
分かりにくいこともあって
どうすればいいのか分からないと
感じてしまう方も多いようです。
  
そこで、この記事では
金魚が餌を食べないときは
どのようなときなのかを見ていきましょう。
  
参照⇒(金魚の餌の量はどれくらい?
  

金魚が餌を食べない?その理由とは

まず、金魚が餌を食べない理由でよくあるのが
 
・気温が低く、水温も低くなっているから
  
というものです。
  
季節が秋~冬で
水温も低くなっているときは
金魚の体温も下がっているため
人間と同じで活動が落ちます。
  
その分、餌を食べなくなるというのは
良く見られることです。
 
こういう場合、心配はありません。
  
しかし、例えば
金魚が餌を食べなくなった季節が夏だったり
水槽に保温器具をつけているのに
餌を食べなくなってしまったという事であれば
なんらかの病気である可能性があります。
 

スポンサードリンク

それに、金魚は夏などの暑い時期
餌を食べることが出来ないと
見る見るうちに衰弱してしまいます。
  
そのため、季節が夏で
金魚が餌を食べなくなってしまった場合
早急に原因を見つけ、対処する必要があります。
  
まず、思い直してほしいのが
急激な水質変化、水温変化を起こしていないか
 
ということです。
 
金魚は、急激に水質が変わったり
水温が変わるということに
物凄く弱いのです。
 
餌の食べ残しを放っておいて
水質が悪くなってしまったり
水槽が日の当たる場所に置いてあったり
そういうことがないか確認してください。
  

金魚が餌を吐く?それって病気なの?

また、餌を食べないだけでなく
餌を食べても吐き出してしまうという場合
病気の可能性が高いです。
  
金魚にも病気があって、
エアーレーションの周りに集まりだしたり
落ち着きがなくなってしまったり
呼吸が速くなっている場合
 
・カラムナリス症
・ダグチロギロス症
 
の恐れがあります。
  

上に書いたような
落ち着きがなくなる、呼吸が速くなる
といったような症状がみられた場合
金魚に必要な酸素がいきわたっていないことが多いです。
 
出来れば、金魚のえら蓋をあけて
えらが少しでも白くなっていれば
すぐに処置が必要です。
 
えらが白くなるというのは
金魚が酸欠を起こしてしまっているということなので
エアレーションを全開にして
水槽内の酸素を多くしてあげる
必要があります。
  
病気だと確証がとれたのであれば
薬を飼育水に溶かして金魚を
薬浴させてあげてください。
  


スポンサードリンク

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RETURN TOP