駆け抜ける、日々

白酒の賞味期限はいつ?


この記事は1分で読めます

ひな祭りには白酒を飲むのが風習ですが
皆さん飲まれるご予定はあるでしょうか?
 
ひな祭りの歌、『あかりをつけましょぼんぼりに~』
の歌にも白酒で顔を赤く染めた右大臣がでてきますね^^
 
しかし、この白酒
うっかり飲まずに日がたってしまった・・・
という方もいるのではないでしょうか?
  

白酒の賞味期限っていつなんでしょうか?
調べてみました。
  
 
賞味期限は製造日から3ヶ月、
しかし摂氏4度以下での保存の場合に限る
とのことでした。
  

購入してから10日以内に飲むのがベストで、
開封したら3日以内には飲むのがいいそうです。
 
白酒をずっと放っておくと
お酢のような臭いがし始めるので注意してくださいね。笑

   

ちなみに、白酒と甘酒は違います。笑
 
似ているので間違えている人が多いのですが
甘酒は、ご飯やお粥に米麹を混ぜて一晩55℃くらいで保温することで
デンプンから甘い糖分を引き出したものです。
 
甘酒はこのように一晩でできるので
一夜酒(ひとよざけ)とも呼ばれていたそうです。

  
今ですと、甘酒の元なるものが売られていますよね^^
(お湯に溶かして作るタイプのものです)
 
この方法で作られたものはアルコール度数1%未満です。
なので甘『酒』とは言いますが、お酒に該当しません。
(なので子供が飲んでも問題がないんですね~)
  

白酒は、蒸したもち米にみりん
あるいは米麹と焼酎などを混ぜて仕込み
1ヶ月間も熟成させた後にすりつぶして作られたものなのです。
 
白酒のアルコール度は10%くらいで甘みが強め、
なので思いっきりお酒なのです。
  

白酒はお子様には飲ませないようにしてくださいね。

  
昔ながらの風習でひな祭りを楽しまれるのも
いいですね、私ももう白酒を飲んでいい年なので
飲みたいと思います^^

  


スポンサードリンク

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RETURN TOP