駆け抜ける、日々

『夕涼み よくぞ男に生まれけり』を考える


この記事は1分で読めます

榎本其角(きかく)の歌で
『夕涼み よくぞ男に生まれけり(ける)』
と言うものをご存知でしょうか?
  

真夏の暑い日、お風呂に入って
さっぱりした後に浴衣で縁側でゆったりと休む。
 
浴衣をはだけさせて、団扇でパタパタとさせて夕涼み。
  
 
この歌は、江戸時代に読まれた歌だそうですが
女の人だとそういうことはできなかったはず。
 
電気もエアコンも扇風機も何もなかった江戸時代には
みんな日が暮れると就寝していたといいます。
 
寝る時間が近づいている中、男は
夕暮れを見つめつつ少し崩した格好で夕涼み。
  

だからこそ、『男だからできること』
と言う意味で『よくぞ男に生まれけり』
なんですね。

   

しかし、今となっては
夏は女性の方が露出が高いわけで。笑
 
(東京とか凄い恰好の女性たまにいますもんね。
下着で歩いているんじゃないかくらいの勢いの人とか。笑)
  

サラリーマンの場合、夏でも当たり前のように
スーツ着用のところが多いので
クールビズだなんてよく言われていますが。

  
毎年、冷感グッズが爆発的に売れる日本の夏ですが
暑いなと思ったときにこの歌を思い出してみると
すこし心が休まるかもしれません。
    


スポンサードリンク

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RETURN TOP