駆け抜ける、日々

娘婿の親の香典はいくら?


この記事は1分で読めます

娘婿の父親、または母親が亡くなってしまった場合
『え、どうすればいいんだっけ?』と気になるのが香典の額。
 
お金の話となると少し厭らしく感じてしまいますが、
厭らしく感じてしまうところがあるからこそ
しっかりとしておきたいところ。
  

まず、香典はいくらが相場なのかというと
 
5万円か10万円
 
が相場なところです。
 
香典の名義は一家の代表者、家長名で大丈夫です。
旦那様がご存命であれば旦那様のお名前を、
亡くなっているのであれば奥様の名前を書きましょう。
 
しかし、受付では奥様の名前を書いてもらってもかまいません。
 
あくまで香典のお話のことを指しています。
   

出来るのであれば、供花を贈ること
そして当たり前ですが、通夜葬儀には参列しましょう。
  

息子、娘がいるのだけれど
彼らも香典を出す必要があるのだろうかと
気をもむ方も多いようですが
 
一般的に
 
息子さん、娘さんが
独身であれば出す必要はありません。

  

一家を代表して、旦那様または奥様が
香典を出すという事になります。
 
これは、葬儀の世界の原則なのですが
葬儀には返礼というものが存在します。
  

このとき、息子さん、娘さんからも香典を送ってしまうと
彼らの分の返礼も相手に用意させてしまうことになってしまうのです。
  

相手を思いやってやったことでも
しきたりを知らないと思わぬ手間を
発生させてしまうことがあるのですね。。(こわいですね)
   

他にも、地域によってお通夜、葬儀のルールがあるので
信頼できる詳しい方に先に聞いておくことを
強くオススメします。
    


スポンサードリンク

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RETURN TOP