駆け抜ける、日々

子宮筋腫の手術費用はいくら?


この記事は2分で読めます

子宮筋腫になる女性が増えていますが
そもそもどういう病気なのかご存知でしょうか?
 
 

子宮筋腫とは初潮から閉経までの女性なら
誰でも発症する可能性のある病気です。
 
女性ホルモンのエストロゲンを栄養源として
大きくなる筋腫で
 
子宮の内外・周辺に出来る球形のコブの様な形をしている
『良性』の腫瘍のことをいいます。
 
 

そして、この腫瘍の特徴なのですが
閉経後には徐々に小さくなります。
 
子宮筋腫は癌化する事はなく
命に関わる病では有りません。

 
 
そして、子宮筋腫の初期症状も
これと言ったものはありません。
 
 

子宮筋腫は子宮周辺の何処にでも出来る可能性があるため
出来る位置によっては症状が出る事もあるようですが
筋腫が大きくなっても症状が全くでない方も見えます。

 
 
子宮筋腫が発見された場合でも
よっぽどの症状が無い場合は経過観察となり
急激に大きくなる筋腫のみ、治療の対象となります。
 
もちろん、まったく子宮筋腫による症状がないわけではなく
筋腫が大きくなればなるほど症状は出やすくなりますが
その症状も人によってかなり異なります。
 
月経時の出血がひどくなる、不正出血が出る
という方も見えます。
 
子宮筋腫が原因の不妊症に
悩む女性もいます。
 
 

そのため、子宮筋腫の手術を受ける方もいますが
手術費用はどれくらいかかるのでしょうか?
 
調べてみました^^
 
  
 
子宮筋腫の手術でもっともセオリーなものとしては
開腹手術になりますが
 
筋腫のみの摘出の場合
手術費用は20万前後です。
 
ただし、子宮全摘出であるならば
やはり値段は高くなって25万くらいになります。
 
 

やはり、子宮の手術となると高いな~と感じますが
医療費は総額の3割負担なので、
 
実際に支払う金額は
子宮筋腫のみで6万前後。
 
子宮全摘出であれば7万5千円程になるでしょう。

 
 
もし、腹腔鏡手術をすることになっても
開腹手術と費用はさほど変わりありませんので
20万程度
(実質費用6万円)
 
膣式手術であれば15万程度となります。
(実質費用4万5千円)
 
子宮鏡下手術ですと10万程度。
(実質費用3万円)
 
  
 

しかし、とても残念なことに
『閉経前の子宮筋腫の完治は子宮の全摘のみ』
なのです。
 
  

子宮筋腫は一度出来てしまうと
筋腫だけ摘出しても
再発の可能性が非常に高い
とても厄介な病気です。

 
 
もし、子宮筋腫が出来てしまったという方は
産婦人科に定期的に通院することを
強くお勧めします。
 
 

うまく、筋腫と付き合っていく方法
または再発の可能性を下げる方法が
医学の発展により見つかることを祈っています。。


スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. メニエール病は治るの?

    2015年4月11日22:07

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RETURN TOP