アスリート

ネリ(ボクシング)は母国メキシコでも批判殺到?海外の反応は?

投稿日:

ボクシングで山中慎介と戦いTKO勝ちした
メキシコのルイス・ネリ。
 
 
しかし、ドーピング問題や
計量をはるかにオーバーするなど
ネリには本当に呆れてしまいますね。。
 
 
ネリを批判しているのは
日本だけでなく母国であるメキシコからも
批判の声が上がっているのだとか。
 
ネリはメキシコの恥?
 
海外の反応なども調べてみました。

スポンサーリンク

ネリ(ボクシング)は母国メキシコでも批判殺到?

 


 
 
 
WBC世界バンタム級タイトル戦で
ルイス・ネリ(メキシコ)は2度の計量で
リミットをオーバーし
王座剥奪が決まっていました。
 
 
ネリの地元であるメキシコのテレビ局は
2度目の軽量をパスできずに
ネリがぐったりと憔悴する動画を
公開していました。
 
 
 
しかし、映像を観た地元ファンからは
 
言い訳無用だ。無責任男め!
 
メキシコボクシングの何という恥
 
 
と怒りの声が上がっていたのです。
 
 
 
前回のドーピング問題も
汚染肉が陽性反応の原因と
主張していたネリ。
 
今回は、万全を期すために栄養士と契約し
その人物に頼っていたものの
計量失敗となりました。
 
 
選手の体重調整には
トレーナーが疑問を挟まなかったようで
ネリ陣営の意図的な体重超過
可能性もあるようです。。
 
 
何故そんなことをするかというと、
やはり減量はかなりの体力を
消耗するからです。
 
 
そのため、体重超過で計量に臨む選手が
増えているのだとか。。
 
 
認定団体が増えたため
王者が乱立している現状。
 
 
王座を剥奪されたとしても
すぐにチャンスが回ってきてしまいます。
 
 
しかし、、、
 
規定どおりに体重をつくった山中選手の方が
今回は体力面で不利になったと思います。
 
ネリは逆のことを言っていますが
本当におろかだと思いますね。
 
ボクシングをもう二度とできないように
追放してほしいくらいです。
 
 
 
今回のようなことが起きてしまうようでは
階級制スポーツの意味がないのです。
 

スポンサーリンク

ネリ(ボクシング)と山中の試合はなぜ続行?

 
米ラスベガスの場合
ネリのような大幅な体重超過が起きたときには
コミッションが試合を認めないのです。
 
 
そもそもネリのような
ドーピング疑惑の選手との再戦には
賛同できないというファンが
多くいるのです。
 
 
しかし、日本はテレビ中継の関係で
中止が難しくネリと山中選手は
戦うことになってしまったのです。
 
 
 

ネリ(ボクシング)が計量失敗で憔悴?

 
ネリの地元メキシコのテレビ局
『アステカ』は公式ツイッターで
2度目の軽量失敗直後に
憔悴しているようなネリを
紹介していました。
 
 
 

『ルイス・豹・ネリは
計量でWBC世界バンタム級タイトルを失う。
メキシコ人は減量できなかった。
ホルヘ・アルセが不運な失敗後、
慰めようとする

 
 
 
不運な失敗といっているところが
もうお笑いですね。。
 
 
一緒に公開された44秒の動画には
計量会場で白いタオルで身体を覆い
椅子に座り込んだネリが映されていました。
 
 
机に突っ伏して
完全に疲れ果てた様子のネリ。
 
水分補給し、目を瞑り
取り囲んだトレーナーや
関係者の問いかけに応じるのが
精一杯という状態も今見ると
演出にしか見えませんね。
 
 
 

ネリ(ボクシング)への海外の反応は?批判が殺到!

 
しかし、母国メキシコと同じく
海外の反応は批判だらけでした。

 

 
 
海外メディアは
ネリの大幅な体重超過を
『衝撃的ニュース』
『かなりの重量オーバー』と
伝えていました。
 
 
そして、ボクシングファンは
もっとすごかったです。

 

 
 

酷いボクサー。今や無責任。
偉大なアマチュアの才能がいるのに、
なぜWBCはこんな平凡なボクサーに
注視しているんだ

 
 
 

彼の準備とプロ意識の
あまりの酷さを物語っている

 
 
 

言い訳無用だ。無責任男。

 
 
 

男らしく防衛できなかったのに、
少女のように泣くんじゃない

 
 

 

豹(ネリの愛称)は
しつけできないということか。
彼らのリングに対する態度が
人生と真剣さを表している。

 

 

 

世界王者が計量で剥奪なんて信じられないよ

 
 
 

メキシコボクシングにとっての何という恥なんだ。
逃げ腰の無責任王者

 
 

無責任
信じられない

 
大体この言葉に集約するようですね。
 
 
 
 
たぶん、ドーピングなしでは
体重を落とすこともできないのでしょう。
 
 
どこかで報道されたように
ネリは階級を上げることを
検討しなければいけませんね^^
 
 
 
ネリのプロモーターである
サンフェル・ボックスへの
ツイートへの返信コメントが
日本のボクシングファンの総意だと思います。
 
 
 

(体重を落とすために)
懸命な努力だって?
いいから出ていけ

 
 
 

今回ファイトマネーは
全額支払われてしまうようで
それも絶対におかしいと思います。
 
 
試合を中止にして、
そうなったのはお前のせいだと言って
被害総額はこれだけですと
ネリに支払わせるべきだったのです。
 
 
 
体重超過で
山中選手をTKOした後に
 
 
『また日本で試合がしたい』

 
 
なんて言っているネリに
もう二度と日本で試合をさせては
いけないと思うのです。
 
 
こんな選手を相手にしなければいけない
山中選手が本当に気の毒でした。
 
 
 
山中選手、
本当にお疲れ様でした。
 
 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

-アスリート

Copyright© 駆け抜ける、日々 , 2019 All Rights Reserved.