芸能人

辻一弘の経歴!かかわった作品が凄い!彼女や結婚・子供について調査!

投稿日:

辻一弘さんが見事
アカデミー賞の
メイク・ヘアスタイリング賞を
受賞しました!
 
3度目のノミネートで見事受賞となりましたね、
すごい!
 
今回は辻一弘さんの経歴や
かかわった作品などを調べてみました!

スポンサーリンク

辻一弘のプロフィール

 


出典:twitter.com

 
 
 
名前:辻一弘(つじ かずひろ)
 
生年月日:1969年5月25日
 
出身地:京都府京都市
 
高校:龍谷大学附属平安高等学校

 
 
 
子供の頃にみた
『スター・ウォーズ』の影響を受け
映画に興味を持ったという辻一弘さん。
 
高校時代に特殊メイクに興味を
抱いたのだといいます。
 
 
そのきっかけとなったのが
地元の洋書店で手に入れた映画雑誌です。
 
 
俳優ハル・ホルブルックが
ディック・スミスによる特殊メイクで
リンカーン大統領そっくりに演じる様子が
紹介されているのを見て
メイクを志したのだとか。
 
 
辻一弘さんは
自分の顔でリンカーンのメイクを
試したりしたそうです。

 
 
 
本心を顔に出さない土地柄と
よく言われる京都で生まれ育ったこと、
さらに辻さんの両親が幼い頃に
離婚してしまったこと。
 
 
これらのことで辻さんは
顔色を伺うことが癖になっており
人の表情を読む観察眼が
養われていったのだとか。
 
 
 
そして、特殊メイクについて
情報をかき集めているときに
 
辻さんは、ディック・スミスの私書箱の住所を
奇跡的に発見したのです!
 
 
そのディック・スミスの住所に手紙を送り
助言を仰ぎますが
 
 
『独学が一番だ』
という返信が来たのだとか。
 
 
それから、色々なものを参考にしながら
特殊メイクを学び始めたようです。
 
 
当時は、メールもインターネットも
まだなかった時代ですが
 
 
月に2通ほど7ヶ月間に渡って
英語での手紙のやりとりを
ディックと続けたようです。
 
 
学校で英語の教師に文法を
チェックしてもらったりしていたと
本当に情熱が凄いです。。
 
 
この手紙のやりとりがきっかけとなり
 
ディックスミスが来日し
日本のホラー映画の特殊メイクを
手掛けるときに
 
辻さんもスタッフの一員として初めて
プロの現場を体験します。

 
その日が高校卒業の
翌日だったのだというのですから
なんというか、縁がありますよね。
 
 
 
やはり、情熱って大事ですね!
 
 


 
 
ちなみに、
こちらがディック・スミスと
辻さんが制作したディック・スミスの
巨大胸像です。
 
 


出典:twitter.com

 
 
ほんとに、そっくりですね。。
 
こわいくらいです^^;
 

スポンサーリンク

辻一弘の経歴は?手がけた作品が凄い!

 


 
 
 
辻一弘さんは高校卒業後に
日本の特殊メイクスタジオに所属し
 
代々木アニメーション学院
特殊メイク科の講師を務めています。
 
江川悦子さんの工房で
邦画『スウィートホーム』のメイクに
携わったりした後、
1996年に単身渡米しました。
 
 
 
そして、辻一弘さんが
特殊メイクに興味を持つきっかけとなった
ディック・スミスに師事!
 
その後、兄弟子リック・ベイカーの工房
『シノベーションスタジオ』に所属し
 
 
あの超有名映画
 
『メン・イン・ブラック』
 
 

 
 
『PLANET OF THE APES/猿の惑星』
 
 

 
 
に携わったのです!
 
 
2000年には『グリンチ』で
リック・ベイカーらと共に
英国アカデミー賞メイクアップ&ヘアー賞を
受賞しています。
 

 
2006年公開のアメリカ映画の
『もしも昨日が選べたら』で
特殊メイクを担当し
 
 

 
 
第79回アカデミー賞で
ビル・コルソと共にメイクアップ賞に
ノミネートされました。
 
 
これが辻さんにとって
初めてのアカデミー賞ノミネートです。
 
 
しかし、受賞はならず。
 
 
第80回アカデミー賞でも
アメリカ映画『マッド・ファット・ワイフ』で
リック・ベイカーと共に2年連続で
メイクアップ賞にノミネートさます。(2度目)
 
 

 
 
しかし、これも授賞はならず。。
 
 
その後、辻さんは
現代美術の分野に転向!
 
 
2013年にアンディ・ウォーホルの
壮年期・晩年の2倍サイズの
頭像を制作し、ニューヨークの
美術展に出品していました。

 

 
 

そして、2017年
映画『ウィンストン・チャーチル/
ヒトラーから世界を救った男』で
特殊メイクを担当!
 
 
第90回アカデミー賞で3度目のノミネートとなり
メイクアップ&ヘアスタイリング賞を
日本人として初めて受賞したのです!
 
 
 
しかし、
この映画の特殊メイクを担当する前は
辻さんはハリウッド映画に
興味を失っていました。

 
 
 
辻さんは
オファーを受けて、指示に従って
仕事をすることや
 
ハリウッド映画界の
『金こそがすべて』という思想に
嫌気がさしてしまったのだとか。。
 
 
そして、2011年に映画界での
特殊メイクの仕事から
卒業してしまったのです。
 
 
現代芸術家に転身したのは
そういうことがあったからなのですね。
 
 
 
そんな辻さんの心を動かしたのは
 
『ウィンストン・チャーチル/
ヒトラーから世界を救った男』で
主演を務めた
ゲイリー・オールドマン

 
 


出典:twitter.com

 
 
この映画のオファーを受けた
オールドマンは直々に辻さんを指名!
 
そして、オールドマンは辻さんに
 
 
 

あなたが引き受けてくれなかったら
私はこの映画に出ない

 
 
とまで言ったのです。
 
 
この言葉で辻さんは
久々に映画界の仕事へ復帰!
 
 
オールドマンを完璧に
チャーチルに変身させた辻さんは
『魔法使いのようだ』と言われたようですね。
 
 
 
辻さんは
 
『受賞よりも、
自分で作りたいものを作って評価される方が、
喜びははるかに大きい』
 
と話していたようで
やはり賞獲得のプレッシャーなども
いままであったのかもしれませんね。
 
 
こちらが、
『ウィンストン・チャーチル/
ヒトラーから世界を救った男』の
予告編動画です。
 

 


 
 
辻さんは
この特殊メイクの開発と試作に
約6ヶ月200時間を費やしたようです。
 
 
やはり、それくらいの時間をかけて
良い作品というのは生まれるのでしょうね。

 

  

 

辻一弘は結婚している?嫁や子供は?

 
辻一弘さんは現在49歳。
(2018年3月現在)
 
ご結婚などはされているのか
調べてみましたがしていないようです。
 
 
 
辻さんの師匠である
リック・ベイカーさんも
 
 
 

彼は仕事への情熱を持っている。
 
僕も彼もお金のためじゃなく
好きだからやっているんだ。
 
人一倍努力家で、
納得がいくまで追求するんだ。

 
 
 

と話していたので
仕事にすべての情熱を
注いできた方なのかもしれません。
 
 
 
辻一弘さんは成功する秘訣について
 
 

人とは異なる手法で、
自分なりのこだわりを追い求めること

 
 

自分は何が何でもこれがやりたい!
という情熱を持続させること

 

 

だと話しています。
 
 
辻さんはアカデミー賞受賞のスピーチで
 
 
 

まず最初に、心からゲイリーに感謝いたします。
本当にこの素晴らしい旅をゲイリーと
ご一緒できてうれしいです。
 
チーム全員に感謝いたします。
キャスト及びスタッフは友人です。
アカデミーのみなさん、ありがとうございます。
全員にとって夢が叶いました

 
 
 
と感無量の様子でした。
 
 
今後も、素晴らしい作品で
私達を驚かせてほしいと思います。
 
 
辻一弘さんのますますのご活躍を
期待しております!^^
 
 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

-芸能人

Copyright© 駆け抜ける、日々 , 2019 All Rights Reserved.