アスリート

村岡桃佳の家族や父の職業は?出身高校はどこ?障害を負った経緯も

更新日:

平昌パラリンピック
アルペンスキー女子滑降座位で
村岡桃佳選手が見事銀メダルを
獲得しましたね!^^
 
 
今大会の日本選手の
メダル第1号となった村岡選手。
 
 
実は、強くなったのは
村岡選手のお父様のおかげだ
と言っているようなのです。
 
どういう方なのでしょう?
 
 
出身高校などについても調べてみました!

スポンサーリンク

村岡桃佳のプロフィール

 


 
 
 
名前:村岡桃佳(むらおか ももか)
 
生年月日:1997年3月3日
 
出身地:埼玉県
 
身長:150cm
 
体重:37kg
 
障がい種別:疾病による両下肢機能全廃
 
クラス:LW10-2(座位)
 
所属:早稲田大学 
 
 
 
村岡桃佳さんは
現役女子大生の選手です。
 
早稲田大学に通っているんですよね。
 
 
村岡さんは、
早稲田大学のトップアスリート入試で
障害者として初の合格となった方なのです!
 
 
やはり、運動神経がいいのでしょうね!
 
 
チェアスキー以外にも
陸上競技をしていて
陸上でも優秀な成績を
残しているのだとか。
 
 
調べてみたところ、
第12回全国障害者大会で陸上競技に出場した
村岡さんは
 
200メートル競走で金メダル!
 
100メートル競争では
銀メダルを獲得!
 
ということで、とんでもない方ですね^^;
 
 
 

村岡桃佳の出身高校はどこ?

 
村岡桃佳さんの出身高校は
正智深谷高等学校です。
 
 
正智深谷高等学校の1年生のときに
村岡桃佳さんは
 
全日本チェアスキーチャンピオンシップ
IN志賀高原の回転競技で優勝しています!
 
大回転競技では準優勝ということで
この時から超有名だったんですねぇ。
 

スポンサーリンク

村岡桃佳が障害を負った経緯やチェアスキーを始めたきっかけは?

 
村岡桃佳さんが
障害を負った経緯についてですが・・・
 
 
4歳のときに
突然足が動かなくなってしまい

急性横断性脊髄炎と診断されて
車椅子生活になったのだそうです。
 
 
そして、父・秀樹さんが桃佳さんを
障がい者スポーツの体験会や
イベントへが連れて行ってくれて
様々なスポーツに触れるように
なったようです。
 
 
 
チェアスキーを初めて体験したのは
桃佳さんが小学2年生のとき。
 
 
そして、中学2年生の頃から
本格的に競技スキーを始めました。
 
 
実は、その当時
チェアスキーという競技で
世界大会で戦える女子選手が
 
 
たったの2人しかいなかった
 
 
ということで周りから
 
『桃佳も絶対世界獲れるよ!』
 
といわれ、割と軽い気持ちで
チェアスキーを始めたのだとか。笑
 
 
しかし。
 
 
 
中学3年生の時に
桃佳さんは初の海外試合に挑みますが
 
海外選手のレベルの高さに
感動したようです。
 
 

『私もこうなりたい!』
と思い
猛練習に励みます。
 
 
 
しかし、考えてみれば
世界大会で戦える女子選手が
少ないとなれば
 
その指導者やコーチも少ない、
というかいないのが普通ですよね。。
 
 
 
そこで、大活躍したのが
桃佳さんのお父様の秀樹さん。
 
 
秀樹さんは
プロスキーヤーということもなく
 
職業は自営業で水道関連の仕事を
されているとのこと。

 
 
 
スキーについても
趣味程度でしか経験がなかったようですが
手探りでスキルを磨いていったようです。
 
 
 
転ぶことも多く
何度も心が折れそうになったようですが
そのたびにお父様が支えてくれたようです。
 
 
秀樹さんは
 
『幼い時から娘と共に
障害者スポーツに取り組むなどして
同じ気持ちで支え続けて来られました』

 
とインタビューに答えていました。
 
 
桃佳さんも今の状態を
『父のおかげ』
 
といっているようです。
 
 
村岡家の家族構成ですが
 
両親、姉、兄、桃佳さん、妹
ということで4人兄弟の6人家族!
 
 
 
ご家族に支えられての
銀メダル獲得ということで
本当にうれしいでしょうね^^
 
 


 
 


 
 


 
 
村岡選手、
本当におめでとうございます!
 
 
関連記事:陸王に出演!中西麻耶が足を切断することになった仕事中の事故とは?竹内涼真と共演!
 
 

スポンサーリンク

-アスリート

Copyright© 駆け抜ける、日々 , 2019 All Rights Reserved.