アスリート

大坂なおみの国籍は日本?母は大阪出身で父はアメリカ人のハーフ?天然?

投稿日:

テニスのパリバ・オープンで
大坂なおみさんが見事優勝しました!
 
この大会は、四大大会に匹敵するような
大きな大会で大坂なおみさんは
大金星を上げ続けての優勝!
 
本当にこれからが楽しみな選手です^^
 
 

今回は、大坂なおみさんについて
気になることを調べてみました!

スポンサーリンク

大坂なおみのプロフィール

 


 
 
 

名前:大坂なおみ(おおさか なおみ)
 
生年月日:1997年10月16日
 
出身:大阪府大阪市
 
身長:180㎝
 
体重:69kg
 
所属:日清食品
 
 
 

大坂なおみはハーフで日本国籍?

 
大坂なおみさんは見た目からして
日本人離れしていますよね。
 
体格も素晴らしいですし、
サーブは男子選手並みので
200キロを超えてきたりします^^;
 
 
これは、言わずもがなだと思うのですが
大坂なおみさんはハーフです。
 
 
 
大坂なおみさんの母親は
日本人で日本国籍、
 
父親はアメリカ
ハイチ出身ということで
アメリカ国籍。
 
 
そのため、大坂なおみさんは
日本国籍とアメリカ国籍の
2か国の国籍を持っているのですね。
 
 
ちなみに、日本では
二重国籍というのを認めていないので
大坂なおみさんはどちらかの国籍、
 
アメリカか日本か
 
を選ぶ必要があります。
 
 
22歳までにどちらかの国籍を
選択する必要があるという事ですね。
 
 
しかし、大坂なおみさんは
日本の国籍を選択する予定
だということです。
 
 
理由としては
『日本食の方が好きだし~』
ということを言っていましたw
 
 
アメリカは大坂なおみさんの
ポテンシャルを分かっているので
 
猛アプローチをしてアメリカ国籍を
選択しないかと言ってきているようですが
果たしてどうなるでしょうか。
 
 
アメリカ国内で最近盛んな
差別問題もひょっとしたら
国籍の選択に
影響してくるかもしれませんね。
 

スポンサーリンク

大坂なおみのコーチは父親!

 
大坂なおみさんのコーチは
父親のレオナルド・フランソワさんです。
 
 


出典:twitter.com

 
 

ハイチ系アメリカ人だそうです。

 
 
父の教えで、
本格的にテニスを始めるように
なったそうです。

 
 

大坂なおみさんによると
本当に厳しかったとのこと。

 
 
 

父、レオナルドさんによると
『テニスはコートにたった一人で
戦う必要があるから強くなってほしかった』
ということです。

 
 
 

大坂なおみさんは
4歳の頃からアメリカに住んでいると
いう事もあって英語の方が
得意のようですね。笑

 
 

ちなみに、レオナルドさんは
若い頃はアメフトやバスケットボールなどを
やっていたそうで体格もいいです。

 
 

大坂なおみさんには
その遺伝子がしっかり受け継がれていそうですね^^

 
 

レオナルドさんは初めは
大坂なおみさんにバスケットボールを
教えようとしていたそうです。笑

 
 
 

大坂なおみの母は大阪出身?

 
大坂なおみさんの母は
大坂環さんというようです。

 
名前から想像するに、
レオナルドさんは
婿に入った感じですかね^^

 
 

母・大坂環さんの出身は
北海道根室市です。

 
あれ?
大阪出身じゃない・・・

 
 
じゃあ、なんで
大坂なおみさんはは
大阪出身なの?

 
 

と疑問に思って調べてみたのですが
どうやらフランソワさんと
結婚式を挙げたのが大阪だったようです。笑

 
 
 

元々父親のレオナルドさんは
英会話スクールの講師として
日本で暮らしていたとのこと。

 
大阪でしばらく暮らして
なおみさんを出産した
ということでしょうね^^

 
 
 

大阪に住んでいる頃は
家の中を改装してなおみさんに
テニスを教えていたということで
レオナルドさん凄すぎ・・・

 
 

あまり裕福な家庭では
なかったといっていますが
やはり父の娘への愛ですね。

 
 
 

大坂なおみは天然!

 
大坂なおみさんのインタビューを聞いていると
分かると思いますがかなりの天然ですw

 
2017年の全米オープンで
大坂なおみさんが試合中に

 
『集中することが出来ず
心ここにあらずだった』

 
と発言したのですが

 
 

記者から
『その時何を考えていたの?』と
聞かれたのです。

 
 

それに対して大坂なおみさんは

 
 

『アスベストなどで引き起こされる
病気の危険性を啓発する
テレビCMの事ばかり考えていた』

 
と不思議な回答をしたのです。

 
 

これに、アメリカの記者は
大爆笑したのですね^^笑

 
 

そう言ったエピソードから
大坂なおみさんは天然でかわいい!

 
と言われたりしています。

 
 
 

しかし、大坂なおみさんは
とても対戦相手のことを
考えることが出来る方だと思います。

 
 
今回、パリバ・オープンで
初優勝した時も

 
 

『勝ったら、ちょっとは
泣いたりするかなと思ったけれど、
実際にはそうはならなかった。

 
試合が終わったことへの
安堵のほうが大きかったから。
ようやく勝った実感が湧いたときには、
もうラケットを投げるには遅すぎたし』

 
 
 


『それに・・・
喜びすぎるのは、相手に対して
失礼になると思ったの』

 
 

と、真摯な口調で話しており
大坂なおみさんはしっかり
対戦相手をリスペクトしているんだなぁ
と思いましたね。

 
 

これからも、そういった姿勢を残しつつ
どんどんランキングを上げていって
世界で活躍していってほしいですね。

 
 
 
2、3年以内に
『大坂なおみ大金星!』なんて
言われなくなると思っています。

 
大坂なおみが勝つのが普通でしょ?
ってなるくらい強くなるのでは、と。

 
 

大坂なおみさんの
ますますのご活躍を期待しています^^

 
 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

-アスリート

Copyright© 駆け抜ける、日々 , 2019 All Rights Reserved.