政治家

岸田文雄の学歴と経歴!山口組元幹部と写真も?次期総理大臣候補?

投稿日:

ポスト安倍と言われている
岸田文雄氏が山口組元幹部の方と
仲良く笑顔で握手している写真が
フライデーに掲載されるようです。
 
 
これは、
ポスト安倍潰しなのでしょうか?
 
 
岸田文雄氏について
詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

岸田文雄のプロフィール

 


出典:ja.wikipedia.org

 
 
 
名前:岸田文雄(きしだ ふみお)
 
生年月日:1957年7月29日
 
出身地:東京都
 
所属:自由民主党
 
 
 

岸田文雄の学歴や経歴

 

岸田文雄氏は
小学校1年生の時から3年生の時まで
ニューヨークで生活をしており
 
小学校4年生の時から
日本の学校に通っていたようです。
 
 
そのため、英語力がすごい・・・
というわけではないようで
通訳が必要で国連の場でも
日本語で話しています。
 
永田町小学校から
麹町中学へ通い
 
高校はあの開成高校
 
 
エリートコースまっしぐらで
東大への入学を希望していましたが
合格はならず。
 
 
一浪した末、
早稲田大学法学部に進みました。
 
 
早稲田大学卒業後の
1982年に
 
日本長期信用銀行に入社。
 
 
1987年に父・岸田文武氏の
秘書となりました。
 
 
岸田文雄氏は
元々政治家一家で
家系図がとんでもないことに
なっています^^;
 
 
父・岸田文武氏と
祖父は岸田正氏は
 
衆議院議員として活躍しました。
 
 
1993年には
第40回衆議院議員総選挙に
旧広島1区から自由民主党公認で出馬
 
初当選します。
 
 
当時、自民党は野党に転落していました。
 
その衆院選で広島1区から初当選。
 
同期当選したのが安倍晋三氏です。
 
 
 
岸田文雄氏は
政界屈指の酒豪として知られており
 
党青年局時代に台湾を訪問した際には
お酒が苦手な安倍晋三氏に代わって
台湾要人の乾杯に応じ続けたようです。
 
 
同期の安倍氏からの信頼は厚いようで
『隠れお友達』と言われています。
 
 
第1次安倍内閣で
内閣府特命担当大臣として
初入閣を果たします。
 
 
 
第2次安倍内閣では外務大臣として
入閣し、今に至ります。
 
 
そして、
ポスト安倍と呼ばれているわけですね。
 

スポンサーリンク

岸田文雄の学歴や経歴

 

岸田文雄氏は
奥様とはお見合い結婚だったようです。
 
 
子供もいて、
息子3人いるということです。
 
 

関連記事:岸田文雄の夫人裕子の顔画像!息子は慶應・修道大学出身で三井物産勤務?
 
 

岸田文雄が山口組元幹部と写真?

 
岸田文雄氏は
山口組元幹部である若野康玄氏と
親密な様子だとFRIDAYに
掲載されてしまいました。
 
 

 
 
 
このFRIDAYのスクープ記事には
安倍政権の重鎮である岸田文雄大臣と
山口組の元幹部であった若野康玄氏が
交流していると記載されています。
 
 
 


出典:https://twitter.com/minorucchu/status/976694149750472704

 
 
 
笑顔で握手をする岸田大臣と若野康玄氏。
 
『山口組元幹部との親密写真!』
として大きく報道するFRIADAYは
 
 
岸田大臣の交流関係に
疑問を投げ掛けています。
 
 
そういえば、過去には
安倍首相も山口組関係者との
写真撮影がスクープされていましたね。。
 
 
 
しかし、こんなことを言う方もいました。
 
 
 


 
 
若野康玄氏は
10数年前から堅気であると。
 
 


 
 
やはり、この報道も
ポスト安倍つぶし?
 
 
 

岸田文雄は地味男?

 
しかし、岸田文雄氏は
地味男と言われていたのですが。。
 
 
安倍晋三首相の支持率急落で
岸田文雄氏がポスト安倍だと
一番最初に騒がれた時に
とにかく慎重なタイプだと
言われていました。
 
 
そんな慎重な方が
こんな写真をどうして撮ることに
なってしまったのでしょうね。
 
 
 
与えられた仕事に集中し
失言も少ない。
 
 
国会答弁の安定度は
閣内随一ともいわれているようです。
 
 
岸田文雄氏の課題は
発信力と言われており
 
 
話のつまらなさに定評があるのだとか。。
 
 
取材した記者の誰もが音を上げてしまい
派閥パーティーの打ち上げの際にも
女性秘書たちが
 
『岸田さんと同じテーブルになると
会話が続かない』
 
と言っていたという話もありました。
 
 
その一方、
真っ白な歯の手入れを欠かさなかったり
ジムに通って体形維持に努めたり
地味な努力を続けるということに関しては
やはり定評があるようです。
 
 
 
安倍総理との会食で
岸田氏は『政権を支える』と
伝えたようで、安倍首相からの
禅譲で総理大臣の座を
狙っているという話もあります。
 
 
しかし、自民党の歴史をひも解いても
禅譲で総理になった例はありません。
 
 
 
第2次政権発足と同時に外相に就き
安倍首相に言われるがまま
閣内にとどまり続けてきた
岸田氏。
 
 
側近や周囲が何度も
『早く閣外に出て総裁選の準備をすべきだ』
と進言してきても聞き入れなかった岸田氏。
 
 
これから、いったいどうなっていくのか
注目していたいと思います。
 
 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

-政治家

Copyright© 駆け抜ける、日々 , 2019 All Rights Reserved.