アスリート

張本智和の両親の国籍は中国?日本に帰化した理由は五輪?妹も凄い?

投稿日:

卓球で活躍を続ける
張本智和さん。
 
ポイントを取った時の
「チョレイ」の声がうるさいと
言われてしまったり
 
水谷選手と戦って勝った時に
握手をしなかったと報道されたり
色々と話題になっていますよね。
 
(実は握手はしていたようですが・・・
朝日新聞めw)
 
そんな張本選手の両親の国籍は
中国?
 
張本智和選手が日本に帰化した理由は
東京五輪だった?
 
気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

張本智和のプロフィール

 


出典:twitter.com

 
 

名前:張本智和(はりもと ともかず)
 
生年月日:2003年6月27日
 
出身地:宮城県仙台市
 
身長:172cm
 
体重:61kg
 
血液型:O型
 
所属:JOCエリートアカデミー
 

張本智和の両親は中国人で卓球選手だった?

 
張本智和選手の両親は
中国人で卓球選手だったことは有名です。
 

父は張本宇さん。
 
男子ジュニア日本代表コーチです。
 
母は世界卓球選手権の
代表選手にもなった張凌さんです。
 

こちらが両親と
張本選手の写真です。

 

 

両親の影響もあって、
張本智和選手は2歳で
卓球のラケットを握った
といいます。

 
張本宇さん、張凌さんは
お二人とも日本にコーチとして
呼ばれています。
 
宮城で仙台ジュニアクラブの
コーチとして活動していました。
 
来日後の1998年に
結婚したとのこと。
 
日本で暮らしている間の
2003年に張本智和選手が生まれて
すぐに卓球の練習場に
連れていくようになったようです。
 
2歳の時には
ラリーができるようになっていた

ということで本当にすごいですよねw
 
福原愛さんや
石川佳純さんを見ていても
 
幼い頃から家で卓球の練習をする
というのがすごく大きいと思うので
張本選手も両親から卓球について
英才教育を受けていたのでしょうね。
 


 
最近では、
全日本卓球選手権大会で
史上最年少優勝したり
 
世界ランク一位の
樊振東選手に初勝利するなど
メキメキと実力をつけています。

スポンサーリンク

張本智和が日本に帰化した理由は五輪だった?

 
先ほども言いましたが
張本選手の両親は中国の方です。
 
つまり、張本智和選手は
もともと中国国籍だったのです。
 
出生名は張智和
 
日本名にする時に、張本、
としたそうです。
 
では、張本智和選手は
なぜ日本国籍になったのでしょうか?
 
その理由は、東京五輪にあったようです。
 
 

張本智和選手は、
仙台で生まれ仙台で育ちました。
 
両親が中国人のため
国籍は中国。
 
しかし、生まれ育った日本が
自分の故郷だと思っているという
張本智和選手は
 
「日本の国旗を背負って戦いたい」
 
という思いが強かったと言います。
 
 
小学4年生の時には
将来、国際大会で日本人として
戦いたいという思いもありました。
 

そのため、両親に
日本に帰化したい、という
思いを伝えます。
 
当初、ご両親は
日本に帰化することまでは
考えていなかったようですが
 
張本選手の思いを叶えるため
帰化することを決意。
 
2014年に日本国籍を取得し
中国名の「張」から「張本」
になりました。
 
しかし、お母様の張凌さんは
中国国籍のままのようです。
 
 
張本智和選手は
小学校の卒業式で
「東京五輪金メダル」
宣言しました。
 
日本の国旗を背負って
東京五輪に出場することになった時
張本選手がどのようなプレーを
見せてくれるのか楽しみですね!
 
 
ちなみに
 
張本智和選手の父、宇さんには
中国からも何度か声がかかっていて
 
「中国に戻ってコーチをしないか?」
という誘いもあったようです。
 

しかし、張本家は
生活の基盤がすでに仙台にあったため
日本に残り、日本の子供たちの為に
コーチをすると決意したのです。
 
日本の卓球界が強くなったのは
張本宇さん、張凌さんの力も
大きいでしょうね。
 

張本智和の妹もすごい?

 
張本智和選手の妹は
張本美和さんといいます。
 
5歳年下で張本美和さんも
卓球選手です。

 

 
ご両親によると、
張本智和選手よりも
張本美和選手の方が
才能があるとのこと。

 
張本智和選手よりも才能があるって
どういうこと、って感じですよね^^;
 
美和選手もそのうち
大金星を挙げて話題に
なるかもしれませんね。
 

張本智和選手の
ますますのご活躍を
期待しております!^^
 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

-アスリート

Copyright© 駆け抜ける、日々 , 2019 All Rights Reserved.