アスリート

鳥内秀晃(関学大監督)の経歴!会見で内田正人監督に激怒コメント?

更新日:

日大アメフト部の宮川泰介選手が
関学の奥野耕世選手に
悪質なタックルを行なって
怪我をしてしまった一連の騒動で
 
 
関学アメフト部の監督の
鳥内秀晃氏が記者会見を行いました。
 
 
会見でも、しっかりと
自分の言葉で怒りを表しており
そこからにじみ出る選手への想いを
感じ取ることができました。
 
この記事では、鳥内秀晃監督の
経歴や会見の内容について
まとめてみました。

スポンサーリンク

鳥内秀晃のプロフィール

 

 
名前:鳥内秀晃(とりうち ひであき)
 
生年月日:不明 現在59歳
 
 

鳥内秀晃監督がアメフトを
始めることとなったきっかけは
父親だったようです。
 
なんと、鳥内秀晃監督の父も
関学大アメフト部の監督さん
だったのです。
 
しかし、鳥内秀晃監督は
高校時代までアメフト経験が
なかったとのこと。
 
しかし、
やはりセンスは受け継がれていたようで
大学時代は1年生の時から
試合に出場!
 
大学4年生の時には
副キャプテンとなった
鳥内秀晃監督は、守備のリーダーとして
活躍しました。
 

鳥内秀晃の経歴

 


 
 
出身大学:関西学院大学文学部
 
1982年~84年:南オレゴン州立大学
 
1985年:UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)
   にてコーチ修行
 
1986年~1991年:ファイターズの守備コーディネーター
 
1992年から現在まで:関西学院大学のアメフト部監督に就任
 
 
鳥内秀晃監督は
関西学院大学文学部を
卒業されています。
 
アメリカ、UCLAでコーチ修行・
10年間留学するなどし
経験を積んだ鳥内秀晃監督は
 
1992年から現在まで
関西学院大学アメフト部監督を
務められています。
 
 
鳥内秀晃監督は、
2016年には世界大学選手権
日本代表チーム監督を
務めていらっしゃいます。
 
監督としての評価は
やはり高い方です。
 
 
2017年に10度目の大学日本一を
達成した鳥内監督は
こんなコメントを残しています。

 

学生が頑張ってくれてうれしい。
1年間の努力の成果
 
自分の優勝回数のことは考えていない。
選手のためにやっている。
自分のためにやっていない

 
 
素晴らしい実績、経歴を
お持ちの方なのに
それをひけらかす事もなく
選手を思う良い監督
 
というイメージですね。
 
 

写真にもあるように
普段の表情はちょっと怖く
思われそうですが
 
やはり、選手思いの監督。
 
 
大事に扱ってきた選手が
悪質なタックル・ラフプレーを受けて
 
しかも、それは命の危険さえもあった
となれば見過ごすことなど
できないでしょう。

スポンサーリンク

鳥内秀晃の会見の内容は?

 
鳥内秀晃は会見で、
日大アメフト部の内田監督の
対応について批判しました。
 
 

 
現実にあの場所におられて、
責任者であのプレーを見ている。
(回答書では)自分の厳しさと
選手の取り方をかい離している
とされていたが、
 
もしそう思うのであれば、
あのプレーが起こった時に
なぜベンチに戻して、
そういうプレーをしろと
言ったのではないと(叱責することが)、
なぜできなかったのかと僕は思う。

 
もしあれを受け入れたら、
スポーツが成り立たない。
 
ビデオを見れば誰もが思う、
非常に悪質。
 
責任者が我々の選手、
保護者に直接謝罪するのは筋ではないか。
 
同じ指導者としてやっぱり
到底受け入れることができない。
 
我々も指導をしているが、
汚いプレー、反則プレーをするな、
相手を傷つけるような行為は
絶対やるなと、
 
もし重篤な事故が起これば、
一生罪を背負うことにもなると、
我々は前から言っている

 
 
と怒り心頭の様子で
コメントしました。
 
 

さらに、内田監督が騒動以来
公の場に出てきていないことについても
 

大学の監督プラス、
日本大学の中でも要職、
地位のある役職におられるので、
はっきり記者会見して
お詫びに来てほしい

 

と訴えました。
 
さらには、

 

今回こんな形で(アメフトが)
社会問題になってしまって残念です

 
 
ともコメントしました。
 
 
本当に、日大アメフト部の
ずさんな対応への怒りと
こうした騒ぎになってしまった無念が
伝わってくる会見でしたね。
 
 
しかし、本当に鳥内監督は
まともなこと、普通のことを
しっかりとした口調で
説明してくれているな、と
思いました。
 
鳥内監督も
会見で話していましたが
 
やはり、あの悪質タックルは
あってはならないプレーなのです。
 
 

鳥内監督は、いまだに憤りを
感じており、なぜあのプレーが起きたのか
徹底的に究明してほしいと
話しています。
 
 
もし重篤な事故が起これば、
一生罪を背負うことにもなる

 
とおっしゃっていましたが
本当にその通りで、
だからこそ、気をつけなければ
いけない。
 
 

プレーが終わってから
2秒くらいが経過しているんでね。
そこにああいう突っ込み方されると、
非常に重篤な事故が起こってしまう。
 
人生を奪いかねないプレーです。
 
私も長年指導者をやっていますけど、
あのレベル(の反則)は初めてです。
どういう指導をされているのか、
なぜあんなことが起きたかを
回答いただきたい。

 
 

と、改めて日大に
説明を求めました。
 
 


 
 


 
 
負傷した関学大QBの奥野耕世選手は
右膝軟骨損傷で全治3週間の怪我を負い
 
第2、第3腰椎棘間(きょくかん)
靱帯損傷
と診断されているようです。
 
 
奥野耕世選手が
回復することと、二度と
このような問題が起きないことを
願うばかりです。
 
関連記事:内田正人(日大アメフト部監督)が辞任!関西学院をかんさいがくいん読み?
 
宮川泰介(日大アメフト部)を奥野耕世の家族が告訴?警察へ被害届も?
 
宮川泰介(日大アメフト)が退部!タックルが酷すぎで大批判?動画は?
 
奥野康俊(大阪市議会議員)の息子はアメフト奥野耕世!経歴と大学は?
 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです



-アスリート

Copyright© 駆け抜ける、日々 , 2018 All Rights Reserved.