未分類

『カメラを止めるな!』のネタバレ!人気の理由は何?秋山ゆずきが凄い!

更新日:

今至る所で
その素晴らしさが語られている
映画『カメラを止めるな!』
 
そのネタバレを
ここに書きたいと思います。
 
『カメラを止めるな!』の
人気の理由は一体何なのでしょう?
 
秋山ゆずきさんが凄い?
 
ここにまとめます!

スポンサーリンク

『カメラを止めるな!』のあらすじは?予告動画はこれ

 
『カメラを止めるな!』の
あらすじはこのように紹介されています。
 
 

とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。映画史をぬり変えるワンカットゾンビサバイバル!……を撮ったヤツらの話。

 
 
こちらが、
『カメラを止めるな!』の
予告動画です。
 
 


 
 
そして、こちらが
『カメラを止めるな!』を
鑑賞された方のツイッターの
投稿です。
 
 


 


 


 


 
次から早速
『カメラを止めるな!』の
ネタバレに入っていきます。
 
読みたくない方は
ここで止めておいてくださいね!

スポンサーリンク

『カメラを止めるな!』ってゾンビ映画、じゃなかったの?!

 
映画を見に行った方は
おそらく『カメラを止めるな!』は
ゾンビ映画だと思っていたのでは
ないでしょうか。
 
しかし、この映画は
前半の37分間は確かに
ワンカットゾンビ映画と
いうようになっていますが
 
これは本編ではないのです。
 
 
全部で96分の映画で
前半の37分が
ワンカットゾンビ映画
 
 
しかし、残りの59分が
面白すぎるのです。
 
そして、この59分間については
SNSでもあまり公開されていない
ということなのです。
 
見た人が、あまりの面白さに
『とにかくいいから見に行って!』
と宣伝したくなる魔力を持った映画、
 
 
それが『カメラを止めるな!』なのです。
 

『カメラを止めるな!』は三部構成だった!

 
『カメラを止めるな!』は
三部構成の映画です。
 
簡単に説明すると
 
【第一部】
ダメダメ低予算ゾンビ映画
 
(ここで『つまらないなぁ』
この映画ハズレだなぁ
と思って帰っちゃダメですよw)
 
 
【第二部】
【第三部】
ゾンビ映画が作られるまでの
過程の舞台裏目線
 
 
となっています。
 
私が思ったのは
三谷幸喜さんの『ラヂオの時間』
このドタバタ感が似ているなぁ
ということです。
 
 
明らかに、『ラヂオの時間』を
意識して作成しているでしょw
 
という指摘をする方もいました。
 

『カメラを止めるな!』の伏線回収がすごい!

 
『カメラを止めるな!』では
綺麗に伏線が回収されます。
 
それが見ている人にとって
気持ちがいいのです。
 


 


 


 


 


 


 
 
そう、一度
『カメラを止めるな!』を見た方は
前半の何でもないところでも
もう笑ってしまうんですよね。笑
 
でも、全部見たら
なぜそのお客さんが笑っているのか
わかるので大丈夫です^^
 

『カメラを止めるな!』の秋山ゆずきの演技がすごい!

 
そして、『カメラを止めるな!』での
秋山ゆずきさんの演技が
素晴らしいんです。
 
この映画の中で
彼女は成長を遂げていきます。
 
最初は見るに耐えない演技、
という感じで監督が彼女に
罵声を浴びせるほどひどい。
 
しかし、この映画の中でまさかの
 
 
ゾンビ映画を撮っていたら
まさかの本物のゾンビに
襲われてしまう

 
という展開に陥り
女優としての才能を開花
させるのです。
 
この秋山ゆずきさんの
映画の中での変化は
凄まじいものがあるので
ぜひ見て欲しいのです。
 
主演女優賞を与えるべき、
という声も多く挙がっているようで
それにも納得です。
 

『カメラを止めるな!』を著名人も絶賛!

 
『カメラを止めるな!』は
多くの著名人から絶賛されています。
 


 


 


 
 
なので、この文章を読んでくれた
あなたが『カメラを止めるな!』を
見ていないということであれば
ぜひこの映画を見て笑って欲しいです。
 
 
何にも考えずに最高に笑えるのに
最後まで観るとなぜか泣ける
そんな映画なのです。
 
伏線もしっかりと回収されて
本当にスッキリしますよ!^^
 
 
ものづくりって、何かを作るって
素晴らしいなぁと思わせてくれた
そんな映画でした。
 
関連記事:和田亮一の経歴!『カメラを止めるな!』の盗作疑惑は嘘?過去には持ち逃げも
 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

-未分類

Copyright© 駆け抜ける、日々 , 2019 All Rights Reserved.