未分類

小田原・国道135線で乗用車やパトカーが高波で流される!1人不明?

投稿日:

神奈川県小田原市江之浦の
海沿いを走る国道135号線で
 
乗用車やパトカーなどの
複数の車両が高波を受けてしまって
海に流されてしまったそうです。
 
現在も1人が行方不明?
 
ここにまとめます。

スポンサーリンク

小田原・国道135線で乗用車やパトカーが高波で流される!

 
2018年7月28日午後7時30分ごろ
 
神奈川県小田原市江之浦の
海沿いの国道135号線で
 
乗用車やパトカーを含む
複数の車両が高波を受けて
海に流されてしまいました。
 


 


 


 
 
この事件がおこる30分ほど前に
以下の報道がありました。
 
 
28日午後7時ごろ、
神奈川県小田原市の有料道路「真鶴道路」で、
「高波で車が立ち往生している」と
110番通報があった。
湯河原町消防本部によると、
救急搬送中の救急車も
動けなくなっているという。
 
小田原署などによると、
高波のため道路が冠水したといい、
午後8時半現在、
救急車を含む数台が立ち往生している。
 
駆けつけた警察官が数人を救助し、
高台に避難させたという。

 
 
小田原は
かなり台風12号の影響を
受けてしまっていたようですね。。
 


 


 


 


 


 
 
やはり、小田原市に
集中した被害が出ているようですね。

スポンサーリンク

小田原・国道135線で乗用車やパトカーが高波で流される!1人行方不明?

 
そして、この高波によって
現在1人の行方が分かっていません。
 
6人は救助されたようなのですが。。
 
 


 
 
小田原市の7月28日の
満潮時刻は午後6時2分
 
台風の接近に伴い
波浪警報が出されており
波の高さは8メートルと
予想されていました。
 
小田原市にある気象庁の観測点では
台風が近づくにつれ午後7時ごろから
潮位が上がり始めたようで
 
午後8時すぎには、通常よりも潮位が
1m50cmほど高くなっていたようです。
 
 
今回のものではないのですが
真鶴道路で高波を受けたとして
こんな動画がツイッターに
アップされていました。
 


 
 
高波の怖さがよくわかりますね。。
 
 


 


 


 


 


 


 
 
行方不明の方が
早く救助されることを
祈るばかりです。
 
関連記事:小河内ダムが放流開始で多摩川に影響?貯水量増加で今後どうなる?
 
境川の水位が上がって氾濫の危機?過去には氾濫したことも?現在の様子は?
 

スポンサーリンク

-未分類

Copyright© 駆け抜ける、日々 , 2019 All Rights Reserved.