芸能人

岡田健史は創成館の野球部出身でキャッチャーだった?本名は水上恒司?

投稿日:

ドラマ『中学聖日記』に
出演される岡田健史さんが
話題になっています。
 
岡田健史さんは
創成館の野球部出身でキャッチャーだった?
 
その時の画像が超イケメン?
 
本名は水上恒司?
 
気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

岡田健史のプロフィール

 

 
 
名前:岡田健史(おかだ けんし)
 
生年月日:1999年5月12日
 
出身地:福岡県
 
血液型:O型
 
身長:180cm
 
趣味:筋トレ
 
特技:野球
 

岡田健史は創成館の野球部出身?本名は水上恒司?

 
岡田健史さんの出身高校は
長崎の創成館です。
 
部活は野球部で
ポジションはキャッチャーでした。
 
こちらが、
当時の岡田健史さんです。
 
 


 

 
 
超イケメンですね!
 
これは、大いにモテただろうに。。
 
 
と思ったら、
本当にモテていたようで
 
中学の卒業式の日には
学ランのボタンが
すべてなくなった
そうです。
 
こんなにカッコよかったら
女子がほっとかないですよね^^
 
そして、岡田健史というのは
芸名なんですね!
 
本名は水上恒司(こうし)だそうです。
 
 


 
 
高校時代には創成館の
イケメンキャッチャーとして
有名だったようですね。

スポンサーリンク

岡田健史が演技に目覚めたきっかけは?

 

 
 
岡田さんは野球部を引退後に
創成館高校の演劇部
所属したようです。
 
これは、演劇部の顧問の先生から
助っ人として大会に出てほしいと
頼まれたことがきっかけだったのだとか。
 
 
岡田健史さんは
演劇自体に興味がなかったようです。
 
しかし、
創成館に野球の特待生で入ったけれど
甲子園に行けず、まったく結果を
出すことができなかった岡田さんは
 
自分をここまで成長させてくれたのは
充実した学校生活のおかげだと
思っていたようで、なにか
恩返しができないかなと考えていたのだとか。
 
ちょうど、その頃に
演劇のお話が入ってきたので
やろうと思ったそうですね。
 
 
野球一筋だった岡田さんが
俳優になることを決意した
大きなきっかけは
 
県大会の時に審査員の方から
名指しで褒められたことだったそうです。
 
 
何十年も演劇に携わっている
演劇部の顧問の先生からも
 

名指しで褒められている人は、
めずらしい

 
と言われたようです。
 
 
これが、現在の岡田さんに
繋がっているんですね。
 

岡田健史の中学聖日記での役どころは?

 
岡田健史さんは
初出演となるドラマ『中学聖日記』で
黒岩晶役を演じます。
 
有村架純さんの相手役という
大役に最初から抜擢されるなんて
本当にすごいことですよね!
 
 
晶はピュアで
思春期特有の葛藤も抱えている
中学生、という役どころです。
 
 
岡田さんは、
晶はどういう人なのかなというのを
自分の実体験を交えつつ
理解するところから始めたようです。
 
 
岡田さん自身には
晶ほどの反抗期がなく
そこを演じることにやりがいを
感じているそうです。
 
さらに、食事制限で体重を
10キロも落としたんだとか!
 
 
オーディションで勝ち取った
黒岩晶役をぜひ演じきって欲しいですね!
 
 


 
 
岡田さんの理想の俳優像は
ビジュアル的でなく美しい俳優
ということで、ぜひその俳優像を
目指して頑張って欲しいですね!
 
岡田健史さんの
ご活躍を期待しております!^^
 
関連記事:中山咲月の恋愛対象は女性で性別は男性?すっぴん画像が可愛い!
 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

-芸能人

Copyright© 駆け抜ける、日々 , 2019 All Rights Reserved.