未分類

音喜多駿の嫁や経歴は?給与明細公開で胡散臭い?執行猶予って何?

投稿日:

テレビ番組『バイキング』にも
たびたび出演し何かと話題になる
音喜多駿東京都議会議員。
 
 
実は結婚していらっしゃるんですよね。
 
しかし、過去に女性問題を
週刊文春に取り上げられたこともあります。
 
 
音喜多駿と検索すると
胡散臭い、執行猶予と出てきますが
これが関係しているのでしょうか?
 
 
経歴や身長についても
気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

音喜多駿のプロフィールと経歴

 


出典:twitter.com

 
 
 
名前:音喜多駿(おときた しゅん)
 
生年月日:1983年9月21日
 
血液型:O型
 
身長:168cm
 
出身:東京都北区王子本町
 
家族構成:両親、姉、妹
 
出身中学・高校:私立海城中学校・高等学校卒
 
出身大学:早稲田大学政治経済学部政治学科卒
 
 
 
音喜多都議は
水道工事店の長男として
生まれました。
 
 
 

大学を卒業後は
LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ
新卒採用され、化粧品ブランドの
『ゲラン』で7年間の営業や
マーケティング経験を積んだといいます。
 
 
2013年6月には東京都議会議員選挙に
地元の北区から立候補し
初当選しました。
 
 
ググッと知名度が上がった2017年7月には
北区から都議会議員二期目に挑戦し
歴代最多得票56,376票を獲得し
トップ当選しました。
 
 
『都民ファーストの会東京都議団』
初代幹事長に就任しましたが
2017年10月に離党を表明したことは
ニュースにもなりましたね。
 
 
現在は無所属で活動中です。
 
 
都民ファーストの会を離党後
初めて東京都議会で質問に立って
小池知事の政治姿勢などを
厳しく批判したことでも
またニュースになっています。
 
 
 
音喜多議員は
ブログを365日更新することから
ブロガー都議とも呼ばれています。
 
 
ブログやTwitterなどの
SNSを使って情報発信することが
得意な今どきの議員という
印象を受けます。

スポンサーリンク

音喜多駿の嫁や子供は?

 
音喜多駿氏は
2015年11月に結婚してらっしゃいます。
 
 
お相手は、シングルマザーであった
江東区議会議員の
三次(みつぎ)ゆりかさんです。
 
 


出典:www.city.koto.lg.jp

 
 
三次ゆりかさんは、
当時の娘がいましたが
音喜多駿氏はその娘の父にも
なったということですね。
 
 
さらに、2016年11月には
音喜多駿氏と三次ゆりかさんの
娘も誕生したということで
幸せな家庭を築いているようです。
 
 

音喜多駿が給与明細を公開?

 
そんな音喜多駿氏が
給与明細を公開したことがあります。
 
 
その画像がこちら。
 
 


出典:otokitashun.com

 
 
左上にしっかりと
1,022,000円と書いてありますね。
 
 
月100万以上の報酬・・・
 
やっぱり都議会議員って
儲かるんですね!!
 
 
と思いがちですが、音喜多氏は
ブログでしたのように述べています。
 
 
 

これは調べればわかることなので
隠すまでもないのですが、
都議会議員の月額報酬は1,022,000円です。
 
これに期末手当(いわゆるボーナス)が
年間約2ヶ月強分×2回支給されますので、
都議会議員の年収はおよそ1,660万
(2013年現在)と言われています。
 
そして7月ですが、
任期が7月23日からでしたので
日割り計算で9日分が
写真の給与の額面(296,709円)になります。
自動的に所得税がここから控除され、
いわゆる「手取り」は288,459円でした。
 
 
じゃあ、これが収入になるんだ!
 
…というわけにも行きません。
「議員年金」などの
福利厚生制度はすでに廃止されましたので、
この給与から
 
・国民年金
・国民健康保険
 
を自分で支払う(正確には引き落とされますが)
ことになります。
 
それと、昨年度所得に比例した
住民税の支払いもありますね。
 
とはいえそれらを差し引いても、
サラリーマン時代に比べれば
遥かに大きな金額が手元に
残ることも事実。
 
ここからいわゆる
 
「政治活動」
 
へのお金を捻出していきます。
 
そのための活動費用
「政務調査費」というものも
月々に支給されるのですが、
使用用途がかなり限定されているため、
議員報酬から相当な額を使うことに
なりそうです
出典:otokitashun.com

 
 
 
ということで、月100万稼いで
わーいということには
やはりいかないようです。
 
 

音喜多駿が胡散臭いと言われるのは文春のせい?

 
音喜多駿氏は胡散臭いと
一部で言われてしまっているようです。
 
それは、音喜多氏の言動が
演じているように感じられてしまう
ということもあるようですが
 
一番大きな原因とされているのが
週刊文春によっても報道された
起訴猶予の処分を受けた
過去があると言うものだと思います。
 
 
 
日刊ゲンダイによると、
 
議員になる前に
営業マンとして働いていた
音喜多氏は飲み会で知り合った
女性と一夜限りの関係を持ったとのこと。
 
 
その女性が警察に駆けこんで
トラブルに発展したとのことでした。
 
 
その記事を、週刊文春が
取り上げ音喜多氏は
起訴猶予処分を受けた
 
という記事を書いたのです。

 
 
 
しかし、これにたいして
音喜多都議もtwitter上で
反発&説明しています。
 


 
 
音喜多氏によると、
女性との行き違いから
週末に3回くらい任意の
事情聴取は受けたとのこと。
 
 
何も問題なかったので
円満に解決しており
示談でお金を支払った
ということもないということでした。
 
 
つまり、音喜多氏は
起訴猶予処分など受けたことがないし
女性にお金を支払ったこともない。
 
と言っているのです。
 
これは、
週刊文春がちょっと怪しいですね^^;
 
 

音喜多氏も
余裕のツイートを見せています。
 
 


 
 
しかし、こういったことでも
やはり音喜多氏に胡散臭さを
感じ取ってしまう人は多いと思うので
印象って怖いですね。。
 
 
 
この騒動について
真偽のほどは分かりませんが
とにかく音喜多氏には
東京都議員としてしっかりと
職務を果たしてほしいと思います。
 
 

スポンサーリンク

-未分類

Copyright© 駆け抜ける、日々 , 2019 All Rights Reserved.