未分類

西部邁の手袋の理由は病気?息子は研究員?小林よしのりからは批判?

更新日:

西部邁さんが
お亡くなりになりました。
 
突然のことだったので驚いています。
 
 
最近、西部邁さんをテレビで見かけたときには
手袋をしていたのでそれが気になり
理由を調べてみました。

スポンサーリンク

西部邁のプロフィール

 


出典:twitter.com

 
 
 
名前:西部邁(にしべ すすむ)
 
生年月日:1939年3月15日
 
出身:北海道長万部町
 
職業:元経済学者
   元東京大学教養学部教授
   評論家
 
学歴:信濃小学校、札幌市立柏中学校、北海道札幌南高等学校、東京大学
 
 

西部邁が手袋をつけている理由は病気?

 
西部邁さんは手袋をつけていました。
 
その手袋は白かったり
黒かったりしたので
色は関係ない様子でした。
 
 
そのとき、ご本人から
 
『頭の調子は悪くないのですが
体の調子があまりよくないので
手袋をしています』

 
とおっしゃっていたので
西部邁さんはどこか体が悪いか
ご病気だったのかもしれませんね。
 
 
手袋ということで
手に体の不調が表れて
しまっていたのでしょうか。。
 
 

西部邁の息子は研究員?

 
西部邁さんには息子さんがいらっしゃいます。
 
 
名前は、西部一明さんというのですが
その経歴が凄かったです。
 
 


 
 
2002年4月に
レストラン「ゼフィーロ」を
東京西麻布にオープンし
 
オーナー兼サービス
ワインプロデュースを担当していたそうですが
2007年4月に閉店。
 
その後はなんと
早稲田大学公共政策研究所客員研究員として
食生活運動のプロモーターの視点から
 
日本独自の食材保護から
食糧自給率問題に至るまで
官民協調プロジェクト等にも
取り組んできたということで
 
 
なんだか、お父様の血を
確実にひいていらっしゃるなぁ
という感じがしますね。
 

スポンサーリンク

西部邁を小林よしのりが批判?

 

小林よしのり氏と西部邁さんは
以前は良く対談していましたが
ある時期からそういったことが
まったくなくなってしまいました。
 
『真正保守』と称して
盟友関係にもあったお二人ですが
 
どうやら、意見の対立によって
小林よしのり氏が西部邁さんを
ブログで批判することがあったようです。
 
 
それがこちら
 

 
 
 

わしが書きたいのは同紙の4面の全面を使って原発推進を
主張しているアホどもの論破だ。
 
8人全員、論破する暇はないから西部邁だけ片づけておく。
 
西部は原発を自動車や家電や医療技術と同じ
テクノロジーに付きもののリスクだと言う。
 
これは西部自身が批判してきた
「価値相対主義」の手口ではないか!

 
価値には順列をつけねばならないのであって、
原発のリスクは極大になるという現実を忘れてはならない。
 
原発のリスクは国土の消失であって、
車や家電のリスクとは比較にならない。
 
国土の消失は、愛国者・ナショナリストならば、
最も許せないリスクである。
 
西部は火力発電から出る二酸化炭素だって地球温暖化の
要因だと言っているが、とうとうグローバリストになったらしい。

 
アメリカのゴアが唱えた地球温暖化そのものも怪しく、
地球人とか世界市民とかを考えるより、
まず日本人のことを考え、
日本国土のことを考えよと命令しておく。
 
さらに言うなら、原発を北朝鮮や中国の通常ミサイルで
狙われれば、もっと広域に国土を消失する。
 
こんな当たり前のことがわからなくなってるのは、
お前たちがナショナリズムより、
原発利権を選んでいるからに過ぎない。
 
お前たちは福島第一原発のすぐ隣りに引っ越して、
原発のリスクなんかへいちゃらだいと叫んでおけ!
出典:yoshinori-kobayashi.com

 
 
とのことで、
かなり強く批判していますね。
 
 
意見の対立などは
避けられなかったのかもしれません。
 
 

西部邁さんは
最近毎日のように炎上し着ている
ウーマンラッシュアワーの
村本大輔さんと対談をしたり
交流を深めていました。
 
 


 
 
本を送ったりもしていたようです。
 
 
 


 
 
 
ご冥福をお祈りいたします。
 
 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

-未分類

Copyright© 駆け抜ける、日々 , 2019 All Rights Reserved.