クリストファーロサレスがいい人すぎる!戦績や性格・彼女を調査!

2018年4月15日に行われた
『WBC世界フライ級タイトルマッチ』で
見事、比嘉大吾選手に勝利した
クリストファー・ロサレス選手。
 
 
ロサレス選手がカッコよくて
いい人すぎると
話題になっています。
 
 
今回は、ロサレス選手について
気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

クリストファーロサレスのプロフィール

 

 
 
 
名前:クリストファー・ヨルダン・ロサレス・ゴンサレス
 
生年月日:1994年10月6日
 
出身国:ニカラグア
 
戦績:29戦26勝(17KO)3敗
 
 

 
クリストファー・ロサレス選手の身長は、
168cm前後とのこと。
 
 
意外ですね、
比嘉選手と対戦している時には
もっと大きく見えました。
 
 
比嘉選手が160cmだからでしょうか。

 
 
そもそも、フライ級の選手は
160cm〜164cmくらいの選手が
多いという事ですから
ロサレス選手はかなり大きい方ですね。
 
 
ロサリオ選手はリーチも長く
比嘉大吾選手と対戦している時も
そのリーチでどんどんパンチを
決めていましたね。
 
 
比嘉選手と比較すると
18cmも長かったようで
本当にいい選手だなぁと思って
見ていました。
 
 

ロサレス選手の戦績は
比嘉選手との対戦が終わって
30戦27勝(18KO)3敗。
 
 
本当に、今まで3敗しているのか
というくらい強く見えました。
 
 
比嘉選手の調子があまり
良くなかったということも
あったのかもしれませんが。。
 
 
ロサリオ選手はこれまでに
KO負けがなく、本当に
気持ちが強い選手だと思います。
 
 

攻撃的、真のファイターという感じで
魅力的あふれる選手ですね。
 

スポンサーリンク

クリストファーロサレスがいい人すぎる!

 
ロサレス選手は
比嘉選手との対戦で
好感を持つ方がとても
多かったです。
 
 


 
 


 
 


 
 
貧困から脱出するために、
お母さんのために、家族のために
頑張ってきたというロサリス選手。
 
 
勝った瞬間もオーバーに喜ばず、
日本の観客に向かって
リングの真ん中で一礼していました。
 
なんていい人なんだ。
 
 

比嘉大吾選手は、今回
体重オーバーとなってしまい
対戦前から王座を剥奪されるという
ことがありました。
 
これは、日本人では史上初のこと。
 
 
ロサレス陣営は
体重オーバーした比嘉選手と
対戦することを受け入れ、
 
さらに、ロサレス選手は
体重オーバーとなった比嘉選手を
気遣ったようです。
 
 


 
 

「すごく残念だし、悲しく思っている。
(もし比嘉が)タイトルを失うと、
それは夢を失うことと同じこと。
比嘉のために心を痛めている。
比嘉が体重を落として、
試合ができることを祈っている。」

 
 

ロサレス選手は
こんなことを言っていたのですね。
 
 

比嘉選手に勝利した後も
椅子に座り込む比嘉選手の元に行き
抱擁するロサレス選手。
 
 
心優しき青年ですね。

 
 

クリストファーロサレスには彼女がいる?

 
ロサレス選手はイケメンということで
人気もありますが、彼女がいるようです。
 
 
なんと、これは
具志堅会長に質問によって発覚!笑
 
 
 
ロサレス選手が
4月10日に都内のジムで
練習を公開した時に
具志堅用高会長が偵察に訪れ
 
 
花粉症は?
 
彼女はいますか?
 
 
などと質問攻めにしたのですw
 
 
ロサレス選手は
これに対し、「いる」と答え
付き合った期間についても聞かれると
「半年」と答えたのだとか。笑
 
 
具志堅会長はその後も
質問を続け
 
好きな食べ物は?
ー牛肉
 
好きな飲み物は?
ーオレンジジュース
 
コーヒーは?
ー飲まない。あまり好きじゃない。
 
というやりとりがあったのだとか。笑
 
 
 
ロサレス選手は
今後もボクシング界で
大いに活躍していくような気がします。
 
 
好青年という感じがするので
応援していきたいと思います。