広島県府中町の榎川が氾濫!流木が橋につまった?最新情報!

広島県府中町の
榎川が氾濫してしまいました。
 
原因は流木が
橋に詰まったから?
 
現在の状況を
この記事にまとめます。

スポンサーリンク

広島県府中町の榎川が氾濫!

 


 


 
 
2018年7月10日
午前11時30分ごろ、
広島県府中町を流れる榎川の
水があふれ出しました。
 


 


 


 


 


 


 


 
 
川の周辺には
小学校や幼稚園などがあります。
 
 
町は周辺の1万377世帯
2万3516人に避難指示を出しており
 
町内の2か所の避難所などに
速やかに避難するよう呼びかけています。

スポンサーリンク

広島県府中町の榎川が氾濫!流木が橋につまった?

 
どうやら
府中町本町3丁目付近にある
寺山橋に上流から流れてきた土砂や
流木がせきとめられたため
川の水があふれてしまったようです。
 
 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 
 
広島県は土砂や流木の
撤去作業を急ぐとともに
現場の状況を調べています。
 
なんとか、被害が
最小限でおさまりますように。。
 
関連記事:岡山市倉敷川水系丙川の堤防が漏水で決壊の恐れ?満潮に間に合う?
 
愛媛県宇和島市吉田町が浸水被害!断水が1ヶ月続く?報道がなかった?
 
岐阜県関市上之保地区が津保川氾濫で浸水!通行止め情報など現在の様子は?
 
愛媛県西予市野村町が浸水!完全に孤立で救助も来ない?電気も通らず?