駆け抜ける、日々

学級目標とは?


この記事は2分で読めます

学級目標というものを
皆さんはご存知でしょうか?

  
小学校で学級目標を決めるところは珍しくありませんが
高等学校までクラス内での目標を決めるというのは
あまり聞いたことがありません。

  
学級目標とは、例えば3年2組の生徒であれば
『3年2組がどんなクラスであればいいと思うか』
『3年2組をどんなクラスにしたいか』
 
と言うのを標語にしたものです。
 
クラス内で、何か問題があった時に
その標語をもとにして
解決されたりします。
  

四文字熟語にするところもあれば
もともとある言葉をもじって
造語的なものにするクラスもあります。
  

では、学級目標は
どのように決めるのがいいのでしょうか?
  

多くのクラスでは
生徒に紙を配り、その紙に
先程のどんなクラスであればいいと思うか
というものを思いつくだけ書いてもらう

 
と言う方法がとられています。
  

さらに、その自分が思いついた言葉を
 
・一言で表すと何か
・漢字一文字で表すと何か
・色で表すと何色か
  

というふうに発展させつつ
クラス全員の意見を合わせていき
心を合わせていきます。

  
そして、良いと思ったものを数個選び
その中で決選投票をして選ばれたものを画用紙などに書いて
黒板の上などのみんながいつも見えるところに
1年間貼っておくというものが学級目標の
一般的な使われ方です。

   

学級目標の決め方として
一番やってはいけないのは
『頭がいい子が決める』などという
一部の子に任せたやり方です。笑
  

クラス全体の目標なのに
一部の子だけしか考えていないというのは
後々問題に発展しかねません。

  
学級目標を決めるところから
すでにクラスづくりは始まっています。

  
こういう活動から素敵なクラスが生まれていくといいですね^^
    


スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. 足の爪が割れるのはなぜ?

    2015年9月30日22:44

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RETURN TOP