駆け抜ける、日々

ほおずき市と遊女の深い関係?


この記事は2分で読めます

浅草の『ほおずき市』と言うものを知っていますか?
 

夏の始まりを告げるといわれる、ほおずき市。
7月10日に参拝すると、4万6千日お参りしたのと
同じご利益があるとされているそうで
古くからこの日の参拝が盛んに行われていたそうです。
 
 

(4万6千日って7月10日どんだけすごいのw)

スポンサードリンク

ほおずき市では、ほおずきを売る店が100店以上も並び
その鮮やかな色を楽しむことが出来ます。
 
 

さて、このほおずきですが。
 
 

調べてみると、江戸時代の遊女と
深い関係があるそうです。。
 
 

江戸時代と言うと、今のように避妊の手段がない時代でした。
 
 

和紙を膣奥に詰めたり、
海綿を詰めたりといった方法で
避妊をしていた遊女が多かったようですが
やはり失敗が多かったとのこと。
 

当時から、動物の腸でつくられた(!)
避妊具もありましたが、やはり高価であったため
普及はしてなかったそうです。
 
 

ということで、遊女が避妊に失敗すれば
当然妊娠してしまうもの。
 

今では信じがたいことかもしれませんが
江戸時代では、避妊よりも妊娠したら
堕胎するほうがかなり多かったのです。
 
 

その堕胎に使われたのが
何を隠そうほおずきです。

 
 

ほおずきの酸漿根(さんしょうこん)の部分に
子宮の収縮作用があるヒストニンが含まれているのです。

スポンサードリンク

ほおずきは今でもさまざまな炎症を抑える漢方として
用いられていますが、そういうこともあって
妊婦中の方は、絶対に使用してはいけません。
(子宮収縮作用がかなり強いです。)
 
 

江戸時代には、ほおずきのそのような効能が
すでに知られていたので遊女たちが
子供をおろすために頻繁に買っていたのだとか。
 
 

そのほかにも
 

・唐辛子
・灰汁
・ザクロの皮・根
 

などを煎じて飲んでいたそうです。
 

さらに、水銀まで飲んでいたという事が
言われているので驚きです。。
 

(もはや、母体の健康が完全に損なわれるレベル。。。)
 
 

そして、避妊の概念が乏しかった江戸時代は
末期にはもう外国から持ち込まれたといわれる
梅毒が蔓延していたという事ですね。
 
 

ほおずき市のそのような歴史も
行かれる方は頭に入れておくと
さらに面白いかもしれません。
(ぜひ、7月10日に行ってみてくださいね^^笑)
 
 
 
 


スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. 白酒の賞味期限はいつ?

    2014年12月17日23:58

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RETURN TOP