駆け抜ける、日々

鉄とステンレスとアルミの簡単な見分け方は?素人でも分かる違い


この記事は2分で読めます

鉄とステンレスとアルミの簡単な見分け方は?素人でも分かる違い

鉄とステンレス、アルミの
見分け方って難しいですよね。。
 
 
私はステンレスと鉄が
同じものだと思っていましたが^^;
 

スポンサードリンク

目の前に金属製の物があって
『これは鉄、ステンレス、アルミのどれでしょう?』
 
と聞かれて答えられる人は
少ないのかもしれませんね。
 
 

今回は鉄とステンレス、アルミの見分け方を
お伝えしようと思います。
 
 

鉄とステンレスの見分け方

まずは、鉄とステンレスの見分け方から。
 
そもそも、『鉄』って言ってますけど
鉄製品と言われているものは
ほぼすべて『鋼』なのです。
 
 
え!?って感じですよね。笑
 
 
本来の鉄って、もろすぎて
使えたもんじゃないのです。
 
そこに炭素を加えているのです。
 
つまり合金なんですよ~
 
そうして『鉄』に炭素を加えたものが
『鋼』なんです。
 
 
この鋼を、我々はなぜか『鉄』
とよんでいるのですね~
 
謎です。笑

スポンサードリンク

というわけで
『鉄(ほんとは鋼)』の特徴ですが
 
強度が強い
磁石にくっつく
錆びる
加工しやすい
 
というのがポイントです。
 
 
 
ステンレスの特徴に移りますが
 
ステンレスの特徴は
 
強度が強い
磁石にくっつきにくい
錆びにくい
加工しにくい(技術が必要)
 
というところです。
 
 
 
なのでステンレスと鉄の見分け方は
 
・磁石にくっつくか
(くっつかなければステンレス)
 
・錆びるか錆びないか
 
が一般人には分かりやすいところです。
 
 
 
で、アルミの特徴にうつりますが
 
アルミの特徴は
 
 
とにかく軽い!!!
 
 
ということです。
 
 
アルミの重さは鉄の1/3になるので
本当に軽いんです。
 
 
そして、磁石にくっつかない
錆びにくくて
強度が弱い、柔らかい
 
そのため溶接や加工には
技術が絶対に必要になってくる
金属がアルミなのですね。
 
 
なので、アルミは
その軽さできっとわかると思います。
 
 
まとめると、
鉄とステンレスとアルミを見分けるには
 
まずは磁石を使用して
くっつくのが鉄(ほんとは鋼)
 
くっつきにくいのが
アルミとステンレス
 
 
その後、アルミとステンレスを見分けるには
『思ったより軽い!?』となったら
それはアルミですよ。
 
ということですね。
 
 
見分ける機会があれば
ぜひ試してみてくださいね~^^
 
 


スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. 針供養とディズニー?

    2014年11月15日14:14

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RETURN TOP