駆け抜ける、日々

お賽銭を硬貨で出すのは無意味!?お賽銭の最適な額は自分にとって○○な金額!


この記事は3分で読めます

お賽銭を硬貨で出すのは無意味!?お賽銭の最適な額は自分にとって○○な金額!

こんにちは。
管理人のichiです。
 
 
お賽銭について間違った知識を
持っている人が多いなと思ったので
この記事にまとめていきたいと思います。

saisen

スポンサードリンク

まず、大前提です。
 
 
お賽銭を入れる上で一番重要なのは
 
気持ち
 
です。
 
 
どれだけ心を込めてお賽銭を入れるか、
気持ちが重要なのです。
 
 
このポイントをしっかりと抑えることです。
 
 
 
しかし、礼儀や作法に気持ちが宿る
という言葉を聞いたことがある方も
いらっしゃるでしょう。
 
 
大前提の気持ちをクリアした方は
礼儀・作法についてしっかりと
おさえておきましょう。
 
 
 
お賽銭の最適額は
 
実は・・・
 
 
自分にとって少し痛い金額
 
なのです。
 
 
 
例えば、私であれば
5000円とかになると厳しいです。汗
 
 
2万円とかはかなり痛いですね。笑
 
 
少し痛いな、
お賽銭というところを考えると
かなり痛いなと考える金額があるかもしれませんね。
 
 
そして、これは人によって違ってくるのです。
 
 
小学生にとっての1万円
 
大学生にとっての1万円
 
社会人にとっての1万円
 
社長にとっての1万円
 
ビルゲイツにとっての1万円
 
 
全部価値が違ってくるはずです。
 
 
だから、お賽銭は
 
『全員この金額を出しておけばいいよ!』
 
ということはなくて
 
その人にとって、自分にとって
少し痛いなという金額が
最適額なのです。
 
 
結局は、
神様から見た自分と言うのを
考えることが大事なのです。
 
 
小学生が自分のお小遣いの1年間分に当たる
1万円をお賽銭に出して
 
 
『どうしても○○を叶えたいんです!
神様どうかお願いします。
力を貸してください。』
 
と願うのと
 
 
ビルゲイツが一瞬で稼ぐことが出来る
1万円をお賽銭に出して
 
『○○ガカナイマスヨウニ』
 
と願うのは
まったく違いますよね。
 
 
関連記事:神社ソムリエ直伝!関西・関東の神社で最速で願いが叶う神社のトップ3!!
 
 
そもそもビルゲイツがそんなふうに
願うことがあるのかわかりませんけれど。苦笑
 
 
しかし、神様からの視点を
意識することはとても大事なのです。

スポンサードリンク

そして、お賽銭を出した後の
願い方の例としては
 
『自分の開運を導いてください。
 
もしくは、
神様の繁栄発展のために
どうかよろしくお願いいたします。』
 
 
というものがいいと思います。
 
神様の繁栄発展、というところまで
願えると神様も『おっ』と
思ってくれるかもしれませんね。
 
 
ここまで考えると
 
お賽銭を硬貨で出すのは無意味、
というなってくると思います。
 
5円とか10円とか100円とか。
 
そもそも硬貨はお札に比べて
気持ちがこもりにくい
というのがあります。
 
 
紙の方が人の気持ちは乗せやすいんですね。
 
何だろう、
『紙』と『神』の言霊でも
あるんだろうか。。
 
 
そして、もっというと
お札でもピン札の方がいいんですね。
 
 
関連記事:ピン札を土日に入手する裏技!新札が欲しけりゃココに行け!?
 
 
新札が最もオススメなんです。
 
 
誰にも触れられていないお札、
ピン札はやっぱり自分の気持ち
神様に対する『お納めください』
という気持ちがこもりやすい
ので
一番いいとされています。
 
 
この、ピン札を用意するという段階から
ひょっとしたら神社参拝は
始まっているのかもしれませんね^^
 
 
ピン札やお札は
お賽銭の箱に入れにくかったりするかもしれませんので
そういう場合は神社の社務所に封筒に入れたお札を
 
『御玉串料です』
 
と言ってお渡ししましょう。
 
 
社務所にお納めすることで
神様にお納めすることと
同じになります。
 
 
では、なぜ硬貨だったり
『5円』をお賽銭でよしとする情報が
現代には多く流れているのでしょうか?
 
 
誰しも、一度は聞いたことがあったりする
情報ですよね。(誤情報です・・・)
 
 
これは、価値の違いから
来ているのではないかと思います。
 
 
昭和初期の当時の5円は
現代の数千円から数万円の価値があるのです。
 
しかし、今の5円は
そのまま5円の勝ちしかありません。
 
 
なので、お札で
出来ればピン札で!
 
お賽銭を入れるようにして
自分の思いや願いを
神様に届けるようにしましょう。
 
 
読んでくださってありがとうございました。
 
これからみなさまに良い事が
たくさん降り注ぎますように。
 
 


スポンサードリンク

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RETURN TOP