政治

水無凛(みなりん)がすごい!天才凄腕ホワイトハッカー?犯人特定?

更新日:

コインチェックの仮想通貨
ネムがハッキングされた事件ですが
 
水無凛(みなりん)という
天才ホワイトハッカーが犯人を
追跡しているようです。
 
 
気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

水無凛(みなりん)のプロフィール

 


出典:twitter.com

 
 
 
名前:水無凛(みずなし りん)
 
愛称:みなりん
 
生年月日:不明 17歳?(2018年1月現在)
 
 
みなりんさんは
なんと現在17歳の
女子高生なんだとか。
 
 
自称JKの
天才凄腕ホワイトハッカーとして
活躍されています。
 
 
しかし。。
 
ホワイトと頭につけても
水無さんをハッカーというのは
ちょっと微妙ですね。
 
悪いことをするハッカーは
本当はクラッカーというはずなのですが。
 
 
と思ったら、
同じようなことを思っている方が
いたようです。
 
 


 
 
 


 
 
確かに、
ハッカー=ネット上で悪いことをする人
という感じの和製英語が広まってしまった日本では
ホワイトハッカーというしかないのでしょうかね^^;
 
 
 
みなりんさんは
NEMファンデーションにて
前々から活動していました。
 

 

 
 
 


 
 
ハッキングをする人を
本気でやっつけたいと思っている
みなりんさん。
 
 
 


 
 
こんな風に
ツイッター上で注意勧告をすることも
あるようです。
 
 

スポンサーリンク

水無凛(みなりん)にネット上の声は?

 
みなりん氏の活躍に
ネット上ではただただ驚く声と
応援の声が多くありました。
 
 
 


 
 
 


 
 
 


 
 
 


 
 
 


 
 
 
NEM財団は
自動追跡プログラムを開発しているようで
対策プログラムをすぐに作り始めるようです。
 
 
 


 
 
 
みなりん氏はこの時点で
犯人に目星をつけていたのでしょうか。
 
 
 

水無凛(みなりん)の気になる経歴は?

 
そんなみなりん氏の経歴ですが
 
 
 

自宅警備員 <メイン>
不労所得(生活保護ではありません)と
他人の給料で生活をしています。
(殆んどの年度は所得税・市町村民税が
非課税・国民年金第三号被保険者だったり
支払免除だったり)
というと何だ?ってなりますが、
簡単に言えば主夫です。
 
出典:sites.google.com

 

とあるので、みなりん氏は
男性でさらに高校生でもなさそうですね^^;

 
 

『仕事は何してたの?』というところには

 
 

日本経営工学会の日本代表で、
卒業論文の海外講演(就職後)

MacWorld EXPO '94にて公演

 

 
とあるので、本当に
凄い方なのでしょうね。。

 

 
 
 
ん?もしかして・・・

 
 

JK17って
自宅警備員17年って事!?

 
 
この文章を見る限り
その可能性もありそうですね^^;

 
 
 

 
さらに
NHKのハイビジョン機器の制御系プログラム
を作成したり

 
 
イニシャルDのメイキングDVDや
電車男(映画版)に出演も
していたようですよ。

 
 
 

コインチェックのネム500億円流出事件は北朝鮮工作員によるものだった?

 
水無凛さんは
こんな気になるツイートを
しています。
 
 


 
 
 


 
 
 
北朝鮮の工作員による
犯行だった可能性も
あるということでしょうか。
 
 
 


 
 
みなりん氏は
 
盗まれたNEMが現在どこにあるのか
すべてわかっているとのこと。

 
 
みなりん氏のおかげで
犯人は奪ったネムを
現金かできないでいるようですね。

 
 
なんという凄腕ホワイトハッカー。。
 
 
 


 
 
みなりん氏の活躍のおかげで
ネムやコインチェックは窮地を
免れるでしょうか。
 
 
どうなるか注目していたいと思います。
 
 
 
仮想通貨は持っているけれど
いまいち理解できていないという方は
ここで勉強するといいですよ。


 
 
無料で勉強できて
現金1万円orリップル1万円がもらえます。
 
なぜリップルなのか
 
ということが分からない方は
ぜひ見てみるといいですね。
 
 
関連記事:コインチェックの自己資金の返金は不可能?SBI社長が北尾氏が断言
 

和田晃一良(コインチェック社長)の経歴!高校はどこ?会見が酷い?
 
大塚雄介の経歴!出身高校や大学はどこ?過去に書いた本で事件を予期?
 

コインチェックがハッキング被害?ネムが500億円行方不明で大騒ぎ・・・
 
 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

-政治

Copyright© 駆け抜ける、日々 , 2019 All Rights Reserved.