未分類

小河内ダムが放流開始で多摩川に影響?貯水量増加で今後どうなる?

投稿日:

台風12号の影響で
貯水量が増加したとして
小河内ダムが2018年7月28日の
15時から放流を開始しました。
 
台風12号による降雨に
備えてとのことですが
今後どうなるでしょう?
 
現在わかっている情報を
ここにまとめます。

スポンサーリンク

小河内ダムが放流開始で多摩川に影響?

 


 


 


 


 


 


 


 


 


 
 
まさか、こんな日に
多摩川で遊んでいる方は
いないとは思いますが
ちょっと心配ですね。

スポンサーリンク

小河内ダムが放流開始で多摩川に影響?今後どうなる?

 
東京都によると
午前9時の時点で
小河内ダムの貯水率は
89%になっていたようです。
 
 
15時から放流する水の量は
通常の発電用の水を除いて
毎秒240トンになる見通しとのこと。
 
こちらが、小河内ダムの
放流の様子です。
 


 
 


 
 
水道局は
上の写真のように
 
放流に伴って多摩川の水位が
上昇するおそれがあるため
川に近づかないように
 
と呼びかけているようですが
これを近隣住民が全員
知っているのでしょうか。。。
 
 
水道局では
多摩川の両岸の安全を
確認するとともに
 
小河内の貯水池から
羽村の取水所までの22地点で
サイレンを鳴らす、といったことをして
注意を呼び掛けているようですが
 
夏休みに入って
川で遊んでいる子供達がいないことを
願うばかりです。
 
関連記事:小田原・国道135線で乗用車やパトカーが高波で流される!1人不明?
 
境川の水位が上がって氾濫の危機?過去には氾濫したことも?現在の様子は?
 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

-未分類

Copyright© 駆け抜ける、日々 , 2019 All Rights Reserved.