未分類

クリスマスカードのメッセージはお客様向けにどう書く?例文と送る時期について

更新日:

クリスマスカードは
何歳になってももらえると
嬉しい物ですよね^^
 
merry
 
私も小さい頃にはクリスマスカードを
たくさんもらったのですが、
大人になるとやっぱり渡すことも
もらううことも減ってしまいますね^^;
 
 
日本では年賀状などが一般的になっていて
クリスマスカードは浸透していません。

 
 
しかし、もらって嬉しい物なら
渡していったほうがよいのではないか!
 
ということで、今回は
お客様向けにクリスマスカードを
渡したい時のメッセージを
考えてみようと思います。

スポンサーリンク

クリスマスカードのお客様向けメッセージの例文

クリスマスカードが
日本でいう年賀状のように
扱われている国では、
 
・1年間の挨拶
 
・相手の安否確認
 
・相手の健康とこれからの幸せを祈る
 
というのが習慣として行われています。
 
 
これらをクリスマスカードの
メッセージに書くという事ですね。
 
 
関連記事:メリークリスマスのロゴでカッコいい筆記体のものを集めてみた
 
 
しかし、あからさまに
堅苦しい文章でこれらを書くのも
ちょっと変なのであくまで
少し気軽に。
 
 
メッセージの例文ですが、
この場合の相手はお客様なので
 
 
『今年はご愛顧いただき、
誠にありがとうございました。
 
今後ともよろしくお願いします。
 
Merry Christmas』
 
 
という感じのメッセージで
お客様への感謝の気持ちと
幸せを祈る、といった気持ちを
押し出しましょう。
 
 
年に数回は会っているお客さんであれば
安否確認はいらないとおもうので(笑)
 
なくても良いと思います^^
 
 
たまにしか会わないであったり、
郵送でメッセージカードを送る場合は
『お元気にしてらっしゃいますか?』
などといったメッセージを添えると
良いのではないかと思います。
 
 
短くていいのでメッセージを添えると
貰った相手もうれしい物ですよ^^
 
 

カフェだったり、飲食店
洋服屋さんなどお客さんと
蜜に関わっている方だと
お客さんと顔を合わせたりすると
思いますのでその時に
渡せるとよいですね^^
 
 
 
そして、クリスマスカードの場合は
文章は上にあげた例のように
簡潔なものでOKなので
手書きで書くのが基本と
されています。
 
 
 
お客様へクリスマスカードを送ることで
『あ、最近お店にいってなかったなぁ』
とお客さんが思ってお店にまた
来てくれるかもしれません。
 
 
クリスマスカードが
次年度の来店促進に
つながるかもしれないのです。
 
 
近年では電子メールやSNSの
メッセージでクリスマスカードの
メッセージを伝えることも
あるようです。
 
しかし、やはり手元に直接
クリスマスカードが届いて
手書きだったり素敵なカードであれば
やっぱり受け取ったお客さんは
嬉しいと思います^^
 
 
カフェであったり外人のお客様が
多いお店であれば、余計に
喜ばれると思います。
 
 
その場合は、和のデザインが
喜ばれるかもしれません。

スポンサーリンク

お客様へクリスマスカードを送る時期には注意!

 
 
もし、お客様に直接手渡しでなく
海外のお客様に発送するという場合は
クリスマス前の1ヵ月間の初めに
送るようにしましょう。
 
 
クリスマス前の1ヵ月前、
つまり11月24日、25日くらいには
送るとよいですね。
 
 
なぜかというと、キリスト教圏では
クリスマス前の1ヵ月間が
降臨節と呼ばれて
とても神聖な時期とされています。
 
 
普段の感覚でクリスマス直前、
または当日に届くように
クリスマスカードを送ってしまうと
海外の方はその時期ホリデーに入っていることも
あるので気が付かれなかった・・・
ということもあるのです。
 
 
そのため、
早めの発送をすることを
おすすめいたします。
 
 
 
クリスマスカードを送るタイミングや
カードのデザイン、メッセージを考えつつ
お客様に日ごろの感謝を伝えられるように
していきましょう^^
 
 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

-未分類

Copyright© 駆け抜ける、日々 , 2019 All Rights Reserved.