未分類

若竹千佐子のプロフィールや経歴!高校や大学はどこ?夫や子供は?

投稿日:

若竹千佐子さんの
『おらおらでひとりいぐも』が
見事!芥川賞を受賞しました^^
 
 
今回は若竹千佐子さんについて
気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

若竹千佐子のプロフィール

 

出典:twitter.com

 
 
 
名前:若竹千佐子
 
生年月日:1954年
 
出身地:岩手県遠野市
 
 
 
若竹千佐子さんは
大学卒業後に教員となりました。
 
 
若竹さんは元々
本を読むのが好きだったようで
子どもの頃から小説家になりたい
という夢を抱いていたようです。
 
 
教員となって5年後の
27歳で結婚した若竹さんは
以来ずっと専業主婦をしていたようです。
 

 
 
そして、若竹さんが31歳のときに
千葉に移り住んだのだとか。
 
 
55歳で夫と死別することになった
若竹さんはそれから小説講座
通うようになっといいます。
 
 
そして、63歳となった若竹さんは
小説家としてデビューし
なんと処女作『おらおらでひとりいぐも』で
芥川賞を受賞!
 
 
とんでもない才能を
秘めていたのですね^^;

 
 
 
若竹千佐子さんは
文藝賞も受賞者しており
これは最年長での受賞なのだそうです。

スポンサーリンク

若竹千佐子の出身高校や大学はどこ?

 
若竹千佐子さんの出身大学は
岩手大学です。
 
 
学部は教育学部だそうです。
 
 
出身高校については分かりませんでした。
 
おそらく岩手県の高校だと思います。

 
 
 

若竹千佐子の夫や子供は?

 
若竹千佐子さんの夫は
先ほども書いたようにもう亡くなっています。
 
 
今から8年前ということで
2009、2010年ごろでしょうか。
 
 
若竹千佐子さんは
岩手で教員採用試験を受けても
毎年落ちてしまっていたようで
そんなときに旦那さんと出会ったといいます。
 
 
なんというか、運命ですね^^
 
 
そして、二人は結婚。
 
しかし、55歳の時に
旦那さんが亡くなってしまいます。
 
あまりにも早い死別ですね。。
 
 
二人の間には
子供が二人以上いて
『長男』と若竹さんが言っていたので
息子さんがいるようです。
 
 
悲しみに沈んでいた若竹さんを見て
息子さん(長男)が小説講座に行ってみてはどうか
と勧めたそうです。
 
 
 
最愛の夫を亡くすという
今までに経験したことのない
深い悲しみを経験したことによって
道が開けたのを感じられた
とも言っていて、
 
人生は分からないものですね。
 
 
旦那さんと死別して
8年後に完成したのが
処女作『おらおらでひとりいぐも』
なのですね。
 
 
 

 
 

『おらおらでひとりいぐも』のあらすじは?

 
 
『おらおらでひとりいぐも』の主人公は
夫に先立たれて一人暮らしをしている
74歳の桃子さんです。
 
 
桃子さんは
東北から上京して家庭を築いてきた女性。
 
 
愛する夫のために生きてきた女性ということで
若竹さんの実体験そのものかもしれません。
 
 
 
東京での生活の方が長くなった桃子さん。
 
東北弁を話すこともありませんでしたが
ある日突然に、
心の中で津軽弁が炸裂します。
 
 
若竹さんの文章はとても独特で
面白かったです!
 
 
なんというか、
方言を持つ人っていいな
と思いますね。
 
 
味があるというか
それだけで立派な個性のように
感じますね^^
 
 
 
津軽弁といえば
他の国の言語のように
聞こえるということで一時期
話題にもなりましたが。笑
 
 
物語に津軽弁が出てくると聞くと
とても読みにくそうな感じがしますが
私はすいすい読めましたね。
 
 
しかし、方言がとても読みにくかったと
いう感想を残している方もいるようで
人によって違いがあるのだなぁと
それも面白い。
 
 
 
『おらおらでひとりいぐも』は
玄冬小説という小説になるのだそうです。
 
青春小説と対極
 
年を取るのも悪くないな
 
と思える小説のことだそうで。
 

 
 
タイトルの
『おらおらでひとりいぐも』
 
愛する者を失ってしまっても
自分は自分で一人生きていくんだ

 
 
という決心のことです。
 
 
同じような悲しみを抱えている方であれば
こんなに支えられる文章はないと思います。
 
ぜひ読んでみてくださいね。

 
 
関連記事:石井遊佳のプロフィール!百年泥は実体験?旦那の職業が凄い!
 
『銀河鉄道の父』のあらすじやネタバレ!感想や評価をチェック!
 

スポンサーリンク

-未分類

Copyright© 駆け抜ける、日々 , 2019 All Rights Reserved.